トップへ
   近況メモ目次へ 
   次ページ(2018-04)へ  
   前ページ(2017-12)へ  



               近 況 メ モ  2018A (Jan--Mar)  




2018/01/17  mer.  vintr.

 耳鼻科医院へ出かけました。耳の穴がジクジクとして気持ちが悪いため。原因ははっきりしていて私の耳そうじのやり過ぎです。
 これは耳そうじによる外傷が膿んだもので心配は要りません。ただし耳だれが奥へ流れて鼓膜を濡らしており、薬を調合しましょう。抗菌材と炎症防止です。
 さらに念のため聴力検査を行います。これは密室で行う本格的なもので、自分の呼吸が大きく響いて耳の邪魔になります。息を止めてレシーバーに神経を集中します。一方の耳に雑音を流し反対側で聴力を測定するるテストは初体験でした。
 聴力は低音は良好ですが中音と高温は低下が見られます。日常会話の区域ですので普通の会話を聞き漏らすことがあります。自分で意識しておいて下さいね。ウーンそんな年になったのか。




2018/01/16  mar.  vintr.

 本ページに「糸崎24時間 1962」を開きました。まだ工事中ですが自分を励ますために公開します。完成は気長にお待ち願います。
 1962年に山陽本線の糸崎をレポートしたものです。当時のアルバムは古びていたので、ネガを探し出して再編集してみました。今でも徹夜しながら写した1枚ずつに思い出があります。どうぞご笑覧下さい。




2018/01/15  lun.  vintr.

 寒波がやっと去りました。しばらくは暖冬が続きそうです。


 福山中央図書館の分室の廃止が決まりました。図書館は中央図書館のほか、東西南北の4箇所に図書館があります。それとは別にわが水呑町には分室が置かれていました。蔵書は10000冊とささやかなものですが、その経緯は郷土の自慢となっています
 1930年代に水呑村に図書館が設立されました。人口3000の農村にとって大事業といえます。それは指導者たちの、子供の教育が村の発展の礎だという信念のあらわれでした。
 自慢になりますが近辺をさがしても図書館を作った町村はありません。以来、ずっと存続して、70年前には私たちも小学校の帰りに入り浸っていました。
 福山市に合併するとき、図書館も統合されてしかるべきでしたが、今まで独力で維持してきた努力を主張して存続してきました。
 でも大局的に見れば配置は平等であるべきで、一地区が特権を享受するのは限界だというのも現実でした。今回はそれへの苦渋の決断ともいえます。組織上は廃止ですが、市立図書館の組織をはなれ、地域に再編成される地域交流館の中の図書室として再出発します。
 きょう訪れたところ、本の整理に追われていました。引越しも大変ですねと声をかけたら、いえ蔵書の縮減に伴って処分する本を区分しているんです、と担当の悲痛な声が返って来ました。
 今は小学校に隣接しているので子供たちが寄りますが、引越し先は離れているので子供たちが減ると想定して、処分するのは子供向け本がほとんどです、ということでした。
 発展ではなく縮小というのはいろいろと気分が沈みます。これからもできるバックアップをして行きましょう。ここの蔵書の中には「鉄路100万キロ走行記」と「電車の運転」も収まっています。




2018/01/14  dim.  vintr.

 塩野七生さんの「ギリシア人の物語」を読み終えました。マケドニアから発ったアレクサンドロス(アレキサンダー大王)がペルシアへ攻め込み、パキスタンまで足を伸ばした意義がやっとわかった気分です。
 それが偉業であることは学んでいましたが、単なる侵略欲では説明できないことが疑問となっていました。でも帰途にバビロン(現在のバグダッド)で33歳で死去したのが残念です。健在ならばその後のギリシアはどんな発展を遂げていたでしょうか。
 ペルシアではペルセポリスを廃墟と化した大悪人として聞きました。見方が逆になるのはやむをえないことですね。




2018/01/13  sab.  vintr.

 誕生日のお祝いを読者の方々からいただきました。ありがとうございます。恥ずかしながら78歳となりました。ことしも閑居して不善を為さないように気をつけます。


 福山蒸気機関車保存会の総会がありました。市内の公園に置いてあるD51の清掃管理を行う仕事を市から委託されている会です。メンバーはいずれも糸崎機関区で蒸気機関車を経験しているメンバーです。
 議事は簡単に終わって後は懇親会となりました。特記することはありません。




2018/01/12  ven.  vintr.

 太極拳教室では毎年の初授業に全員写真を撮ります。カメラ担当は私です。今年もと意気込んでいたら先生からやめましょうの声がかかりました。残念ですがやむをえません。どうも生徒の主力である熟女のみなさんから反対意見が多数出たようです。
 私としては定点観測のつもりだったのに、写り方が気にいらないという心理はフォローのしようがありません。




2018/01/11  jau.  vintr.

 冷え込みました。今週は凍結習慣とのことです。寒さを突いてサンパツに出かけます。サンパツは毎月の重要行事として予定を立てないと、諸々のスケジュールに影響が大です。

 信越線で電車が雪で止まり、15時間も立ち往生しました。夕方ラッシュで定員以上の乗車だんこそうです。平野部なので何とかなると思って運転続行したのでしょうか。




2018/01/10  mer.  vintr.

 パソコンが寒気で凍りつきました。根拠はありませんが、朝は異音を発するのですぐ止めざるをえません。部屋が温まると異常なし。機械音なのでディスクのトラブルと推定します。のぞみ34号の前例があるのでおっかなびっくり。
 音の大きさが気温に比例するのに苦笑。パソコンにも神経があるんだろうか。今のところそれ以上の障害はありません。


 夕方、市内のホテルのレストランに有志が集まりました。小中学校の仲良し連中で男女各4名。幹事は私なので省エネを考えたあげく、レストランの小部屋を予約して 何人来ても収容可能としました。メニューか各自が注文して支払う、というシステムで幹事は座っていればいいのです。
 今春の同窓会の段取りがメインテーマですが、当番幹事が慣れないことなので手を貸せ、と言います。 2008年に開いた蒸気機関車写真展では彼にマネキンを準備してもらった借りがありますから知らぬ顔はできません。
 その代わり、近くで一泊にしろ、女性の勧誘はお前の仕事だという方針でまとまりました。運動会の花形、体操選手だった彼が幹事となれば、60年前にみんなが彼との間柄を気にしていた女子が来るかも知れません。




2018/01/09  mar.  vintr.

 中公新書について、識者へのアンケートで「私の選んだ中公新書の3冊」という催しがありました。中公新書は2000冊あまりを数える日本有数の新書シリーズですが、多くの選者がどのように選ぶのか興味を持ってあがめていました。
 ところが晴天の霹靂で、その中に「電車の運転」が入っていたのは驚きました。
 選者は武田砂鉄さん。名前は聞いたことがありますが作品を読んだことはありません。でも2000冊から選ぶといえばよくよく印象に残ったのでしょう。筆者の願いが伝わったという点では感謝のほかありません。
 今日のビールの美味しかったこと。美酒という言葉はこういう時のためにあるのだ。




2018/01/08  lun.  vintr.

 水呑八幡神社の新年会。 恒例の新年儀式を行ったあと議事に移ります。創鎮450周年の行事も順調です。
 境内整備のうちトイレの浄化槽排水管が神殿の前庭を横切ることについて、カンカンになって拒絶したメンバーがいます。不浄なものを境内に設置するのはけしからんという論です。ふと神道の神々について不信感を抱きました。
 あと巫女の世話役について労いを受けて諸々の立腹が収まりました。人はほめて使えという原則に陥落したのかも。




2018/01/07  dim.  vintr.

 ピアノ教室の発表会。ベテラン用と子供用の発表会は別にあるので私のような初心大人のみの会です。本当に遠慮のない場と言えます。
 受付のときにクジで順番が決まります。何と「1」を引き当てました。トップの発表です。張り切るもなにもモノサシがないので見当がつかない。深呼吸して壇上にたちました。
 途中で1回ミスして気が楽になりました。開き直ったら続けてミス、でも素知らぬ顔で続けます。あわてるのが一番醜態だというのは判って来ましたので。
 終りの拍手とインタービューで終りでしたが、会場から花束の贈呈があり、面映い気持で降壇しました。
 次の人が流暢に弾いたのでガックリ来ましたが、そのあとは仲間が多くて安心しました。途中で詰まったとき立ち上がってお詫びを言う人には笑い声が湧いて、本当にリラックスした会です。
 先生と並んだスナップをお目にかけます。花束もいっしょに。私の胸のばらはお守りで、勝負のときはいつも着けています。

             

 16名が弾いて閉会しました。なお、ピアノとギターの発表会なのでギターも聴きました。でも上手下手は判断できず残念です。
 大きな花束は教室へ寄付するのが妥当とおもいますが、贈呈者が部内のため目に触れて誤解されてはと思って持ち帰ることにします。街を歩くとき、バスに乗るとき、注目されました。




2018/01/06  sab.  vintr.

 喪中の挨拶を出したので賀状は来ません。ただし出さなかった人からはきちんと来ますので挨拶を返します。喪中のことを書くかどうかはお付き合いの程度で判断します。
 喪中のお見舞いは4通。またうっかりと書いたらしい賀状も何枚かとどきました。賀状0というのは寂しいもので手にするとホッとします。

 ピアノの特訓自習は2時間ほど。付け焼き刃というか最後のあがきというか、でも本人は全身全霊の努力です。
 先生のアドバイスは後半、特に末尾部分を頑張りなさい、途中でモタついても後半と最後がきれいに流れると評価がまったく違いますよ、と。
 ですから最も難しい箇所を徹底して練習します。おかげでこの部分は自信がつきました。最後の4小節も同じく仕上がります。さて本番では?




2018/01/05.  ven.  vintr.

 太極拳教室。今日から新入生が1名加わりました。メンバーが新しくなるのはいい刺激で、文字どおり新風が吹きます。率直な質問もふだんに慣れた私たちに思わぬことを考えさせるざいりょうです。

 ピアノ特訓。1時間ほど。

 昼過ぎに時間待ちとなり、また新幹線ホームで1時間を過ごしました。福山駅は曲線のため通過速度は最高速度の300km/hではないと最近知りました。
 山陽新幹線の最小曲線は半径4000m、これは260km/hに対応するものです。ただし止むをえない箇所はもっと小さくなります。典型は徳山駅で、東海道の熱海とともに曲線の大きさが目に見えて判ります。
 福山はそれほどではなく3500と少しきついのみです。でも300km/hではないと聞きました。数字は? と訊ねたら列車妨害対策として非公表だと。


 耳にはさんだ話。
 告別式の司会の声はどうしてあんなに小さいのだろう。朗々と話す場所ではないが、高齢者が多い集まりなのにボソボソ声が多いのは困惑する。聞き漏らして迷惑をかけたくないし、隣に訊ねるのもマナー違反だし、困っている人が多いことを知ってほしい。




2018/01/04.  jau.  vintr.

 恒例の銀行めぐり。年越しの支出が例年より多めでした。調べれば判ることだけれど、別に被害に会った訳ではないのでそのままⅡしています。じゃあ何のために家計を調査記録しているんだ?  


 ピアノ教室へ特訓に出かけたら今日まで休みでした。




2018/01/03.  mer.  vintr.

 朝は雲ひとつない晴天、午後は曇りがちとなりました。天気のよい日はカメラうを持って諸々の記録を採りたいのですが、つい自宅でゴロゴロしてしまいます。小人閑居して・・・とは名言ですね。
 久しぶりに塩野七生の「ローマ人の物語」を手に取ってみました。2000年前の文明には感嘆のほかありません。続きの「ギリシア人の物語」も求めなくては。




2018/01/02.  mar.  vintr.

 水呑八幡神社の当直。1200~1500の担当です。メンバーは4名、参拝の案内・大焚火の番・お神酒とミカンの配布・巫女の相談役が仕事です。
 お神酒は竹筒に入れて焚火で温めたもの、盃も竹を切ったもの、いい香りがします。ミカンは全員に配ります。赤ん坊まで。実は参拝者の人数をミカンで数えています。ダンボール箱に入っている個数はかなり正確で、これは機械選別で重さを分類するからとのことでした。
 巫女たちは笑顔を忘れずに対応しています。禁句である、ありがとう・・・の言葉はつい口元まで出るそうです。
 今日の夕方までの参拝者は900名あまり、例年より少なめですが、初日を見るために近くの山頂へ登る人の減少だそうてす。この人たち数百名は帰りにほとんど神社へ寄っていましたから。つまり初日を迎える人が毎年少なくなっていることです。


 今日はスーパームーン。月が地球に最接近して350000kmの距離になります。最遠は400000kmですから直径で14%、明るさでは30%の差が生じるとのこと。
 確かにあかあかと照る月はいつもと違います。近くのオリオン座のペテルギウスも霞んでいました。冬の大三角を構成する、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンも。




2018/01/01.  lun.  vintr.

 昨日の雨が上がり、晴天の年明けを迎えました。今年も高齢者のワガママを許容してくれる社会が続きますように。

 初日の写真を久しぶりに写しました。タイミングが3分程おそく、カメラ足場に駆けつけたときはご覧のように初日は空中に浮かんでいました。光力が強くてシルエットがわかりません。

     

 少し位置がずれますが、私たちは海から昇る初日と称しています。左に瀬戸内海の水面がのぞいていますので。


 水呑八幡神社の初詣で、私が担当した巫女4名を紹介します。いずれも高校2年生と1年生で、今年が初めてという新人たちです。

     



 今日の新聞は紙質が違います。読みやすいものの上質紙は重くてめくりにくいですね。でも正月のサービスとして受取ることにしましょう。ページが多いので止むを得ずしたのだ、という意地悪な見方は封印します。


 年末に喪中挨拶を出したので賀状は来ない筈でしたが、挨拶を出さなかった方から届きました。喪中挨拶をどの範囲まで出すべきなのか迷う課題ですね。



     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄


   トップへ
   近況メモ目次へ 
   次ページ(2018-04)へ  
   前ページ(2017-12)へ