トップへ
   近況メモ目次へ 
   次ページ(2018-01)へ     
   前ページ(2017-09)へ  



         近 況 メ モ    2017-Okt.~Dec.   



2017/10/17.  mar.  autun.

 ふくやま港まつりの来賓である海王丸がきょう出帆します。14日に接岸して展示と操帆実習などを行いました。15日は船内見学も可能でした。
 出帆のときの行事が登檣礼です。細い雨が途切れず実習生には気の毒でしたが、70名が元気にマストに登って行きました。頂上は海面から40m。

         
                   船首の左右にある船名
  
 
      
         お馴染みになった船首像   笛を吹く乙女です



      
          タグボート   接岸離岸のときはすべてこのボートが行います 
         ただいま転回中  聞いてみるとスクリューの右舷を後進 左舷を
         前進としてその場で回るそうです

      
            イカリです  どのように海底に突き刺さるのか



      
         「ごきげんよーっ」の挨拶  今日は無風だけれど吹いたら怖いだろうな
        もし足がロープからはずれたら?


      
         出航してゆく海王丸の麗姿  装帆していないのが惜しい
         訓練生は整列して手を振っています 岸壁の声援もなかなか



 帰り道の途中にクワイ畑を通りました。前にも紹介しましたが、全国の60%を福山市が生産しています。あなたがお正月に食べるクワイはこの写真のものかもしれません。 

      
          収穫が近く葉も使命を終えた感じです

         
       株はサトイモを大きくしたイメージですが茎はずっと多い 葉の大きさは
       サトイモより小さい  田んぼへ植えるので水があります 
       収穫は掘るのではなく 根の下にノズルで高圧水を吹き込み根を浮か
       して取り上げます




2017/10/16.  lun.  autun.

 09/09の写真が届きましたので本文へ挿入しました。ここへも3日ほど掲示します。

      
         鉄道写真家 西尾克三郎師を偲ぶ弟子と孫弟子の集まり 
         西尾夫妻も写真出席  背景は明石海峡大橋




2017/10/15.  dim.  autun.

 町内の運動会ですが、雨天のために中止となりました。細い雨なので無理をすれば開催可能ですが、昨日から降り続いていて気分的に落ち込んでいます。やむを得ません。


 その雨の中で我が家の庭に次の花が咲いていました。説明一切省略。



               




             




             
 


             




             




              




             




     




2017/10/14.  sab.  autun.

 岡山エスペラント会の会合。先日の大会の報告まとめが主です。中央公民館の受付に行ったら予約は来週になっていますが・・・の返事。電話か予定表記入を間違えたようです。あちこちに確認するのも恥だし、黙って来週来るのが最善の策でしょう。
 と思っていたらメンバーの顔が見えました。続いてもうひとり。みんな確かに今日だと確信しています。サッサと帰らなくてよかった。
 世話人が来て受付と押し問答、ともかく部屋は空いていません、とのことで空いていた喫茶室へ繰り込み、隅のテーブルをくっつけて即席会議室です。
 予約はいつしたの? 相手の名前をきいていますか? いずれも記憶にございませんということで原因はヤミの中へ消えました。むろん犯人を確定するのが目的ではありませんし。

 会計報告もなんとかツジツマが合ってヤレヤレ。今日の仕事はすみました。



 今日から、ふくやま港まつり。期間は明日までですが、17日の出航のとき登檣礼があります。今年のお客さまは帆船の海王丸。白鳥のように優雅な姿もお馴染みになりました。




2017/10/13.  ven.  autun.

 太極拳教室。剣の舞が佳境に入ってきました。




2017/10/12.  jau.  autun.

 岡山までサンパツに。往路は115系1000代4両、復路は快速サンライナー117系4両。相変わらず新幹線ホームにて2時間(入場券の時間期限)ほど車両観察をします。なぜか飽きることがありません。

 岡山駅中央口に外国人専用と記した机があって、女性案内係が立っています。ヒマそうなので話しかけて見ました。
 何語を話せるのですか? 英語と中国語、それと日本語を少し。仕事は観光ガイドよりも駅構内の案内だそうです。そういえば乗換の多い駅なので通路の案内を理解してもらうのは大変です。
 構内で数字だけ記した案内が最も困るそうです。私たちはこれはホームの番号だ、列車の号車位置だと判りますが、予備知識のない乗客には訳がわからない。最近はtruckなどと併記した案内が増えてきました。
 階段にも番号か名前を付けるべきで、ここが何階か、上れば2階へ行く、という内容は重要です。大都市の地下鉄では地表への階段に名前・番号を付けていますね。
 係員の名札は「熊」、欧文スペルはxu・・・・、ジロジロと見るのを遠慮して読み取れませんでした。ともかくクマさんと覚えました。




2017/10/11.  mer.  autun.

 待ちに待ったイモ堀りの日。保育所から70名がやって来ました。最初の挨拶のとき、宇田さんから大事な話があります、と紹介されてイノシシの経過を説明しました。イノシシさんもお腹が空いていたんだね、という言葉は幼児たちの理解を得たようです。
 したがって収穫はお話にならず、土堀りのピクニックといった風情の行事になりました。1時間ほど静かな町内に歓声が響きわたりました。
 最初にプラの豆シャベルが配られます。ひとりの女の子が「私のがない」とつぶやいたら、隣の女の子がトットットと男の子のグループへ行き、ひとりからシャベルをもぎ取って帰ってきました。被害者は茫然自失の態。これが4歳児の行動、女性恐るべし。

     
         イノシシは見事に掘って食べていて イモは全滅状態

 準備の雑草整理中に右手親指をグサリとやられました。凶器はバラを剪定したとき切り取った枝の一部で見事なトゲが付いています。剪定後に持ち帰るのを失念していたのでしょう。軍手が紅く染まるほど出血しました。



 午後は市役所へ。衆議院選挙の期間前投票です。出たところを出口調査につかまりました。タブレットで8問の質問にお答え下さい、という依頼で彼は画面を覗かないようにしています。自分の意志の再確認のような気分です。
 あと投票日までの選挙運動を冷やかに観察することになります。




2017/10/10.  mar.  autun.

 「みちびき4号」(準天頂衛星システム静止軌道衛星)が種子島から打ち上げられました。07時01分37秒。予定どおりの飛行で無事に軌道に乗りました。打ち上げのロケットはHⅡAの36号機。これで4機が揃ったことになります。
 残念ながらライブ中継は見られませんでしたが、あとの放送で晴天の青い空へ吸い込まれて行く映像にいつまでもに見とれていました。
 4機の「みちびき」によって日本の上空を常時カバーすることになります。GPSの精度が格段に上る由です。JRでは列車の閉塞に使用をはじめていて、先行列車との間隔を把握できれば信号機など不要になります。



 ビアノ教室。演奏がうまく行ったと内心笑みを浮かべたとき、「いけません」という先生の叱声が・・・・・。
 この曲の最後は3拍ほど休符が続いて無音です。したがって最後の音符の鍵を叩いたら終りと思うのは当然です。そうでしょう?
 先生いわく、休符も音符です。あなたはいま最後の音を弾いたあと、これで済んだと思って他のことを考えたでしょう。休符も譜面のうちなので、終りまで指を鍵盤の上に置いて休符を演奏して下さい。
 ウーン、これも目からウロコです。作曲者がどういう意識で休符を入れたのか、考えてみると先生が正しい。スペースが余ったから入れたのではない。
 こういう説明をするときの先生の眼はキラキラと輝いています。聴いたこちらもレッスンのあとしばらく気分が高揚しているのが判ります。




2017/10/09.  lun.  autun.

 祝日で体育の日です。きょう運動会をするのが最も目的にかなっているのでしょう。明後日のイモ堀りに備えて下準備を。
 イノシシの被害は想像以上でイモがどれだけ残っているか心配です。




2017/10/08.  dim.  autun.

 憲法の改正論議は尽きることなく続いています。平和を追求する内容は大事にすべきですが理想と現実のバランスも大事です。

 憲法の前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して・・・・・」とあります。いま周囲の国々を眺めると、それぞれの国が公正でしょうか、信義を大事にしていますか、信頼して大丈夫ですか、彼らが平和を愛していますか?

 どうも自信がなくなりました。この前文を基にして各条文が成り立つのですから、9条についても総合的に考えるべきです。
 私も現在の9条は好きです。大事にしたいと思います。でも前文と並べると考え込むのです。




2017/10/07.  sab.  autun.

  ノーベル平和賞に、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)が選ばれました。ノルウェーという国は平和に対して独特の考えを持っているようで私も大いに共感しています。
 ICANから、この受賞は広島と長崎の被爆者とともに受けたもの・・・のメッセージが発表されました。うれしい言葉です。
 ICANは団体と個人の集まりですが100カ国を超える国からの参加を得て活動しています。日本からも参加団体がありますが国を挙げての支援とは言いかねます。
 先に結ばれた核兵器禁止条約(122カ国が参加)への不参加といい、日本の意志表示ははがゆいかぎり。もっと積極的に動くべきです。

       
           トップのこの扱い  被爆したヒロシマの心です



 ノーベル文学賞には英国のカズオ・イシグロ氏が選ばれました。英国籍ですが出身は日本で長崎市の生まれ。漢字では石黒一雄です。恥ずかしながら作品を読んでいませんが、私の考えには日本の心が残っているというインタービューをうれしく読み返しました。




2017/10/06.  ven.  autun.

 イラクのクルド自治区で独立の住民投票が行われ、独立多数の結果となりました。イラクの中で最も治安の良い地区なので選挙は信頼できる者と思われます。
 自治政府は中央政府と交渉を始めると述べましたが、中央政府は応じる気配はありません。周囲も自国の内乱に結びついてはと及び腰です。
 中央アジアを訪れたときクルド族地区にも滞在しましたが、自分たちの国籍はクルドだと胸を張っていました。少し前には政府から弾圧され、クルド語を話すのは犯罪だった時代があったそうです。そういう経過から反感が大きいのはもっともだと思います。
 クルド族は人口3000万人。国籍はイラク・イラン・シリア・トルコに引き裂かれていますが、もしまとまって独立すれば大国となることができます。

 スペインのカタルーニャ州も同じ住民投票があり、こちらも独立のために中央政府と交渉するとの方針が出されました。こちらは国王が反対の意見を発表しているのに驚きました。日本の皇室では考えられませんが日本が分裂する事態になればどうでしょうか?

 クルドもカタルーニャも交渉を拒否すれば武力に訴える事態にならないかと心配しています。新聞に載った、高度の自治を獲得して国の分裂を避けるべきだという論が中庸なのでしょうか。

 このことでカラカルパクスタンを思い出しました。ソビエト連邦が解体したとき他の国と同じように独立する筈でしたが、小国では何もできず国際的に不利だと判断して、もともと仲の良くなかった隣国ウズベキスタンへ押しかけ女房的に加わりました。
 ただし高度な自治を確保して独自の憲法を持っています。すなわち実質は独立国と同じです。そうして対外的には地域の大国ウズベキスタンの一員として対峙しています。オリンピック出場もそうです。

 カラカルパクスタンは参考にする価値がありそうですね。あなたならどうします




2017/10/05.  jau.  autun.

 今年はじめてカレンダーを求めました。書店にはなく毎年取り寄せているものです。テーマはもちろんオードリー・ヘプバーン。
 今年の表紙は写真のとおり。何歳のときでしょうか。映画で見たシーンはほとんど思い出せますので、これはファッション関係の撮影と思われます。

          
            このヘアスタイルは映画には登場しません




2017/10/04.  mer.  autun.

 ノーベル賞の物理学賞に重力波の研究が選ばれました。アメリカの3氏です。共同研究ではなく各部分を専攻していて、総合成果が評価されたというのも物理らしくて好感が持てます。賞金の分け前は1/2・1/4・1/4となっています。
 重力波はアインシュタインが1916年に存在を予言していて、やっと証明されたということになります。重力波はジェームズ・ホーガンのSFに登場していて、宇宙の遠距離通信に使用されています。
 それを30年前にSF著作に採り入れたホーガンの先見の明にも感心します。私は彼の「星を継ぐもの」シリーズを読んで、重力波は光や電波のような時間を要さず、瞬時に伝わるものと理解していました。
 前提として、重力波=万有引力、という思い込みがあります。これは間違いですか? そうだとすれば届く時間は0というのは誤解でしょうか? 
 しかし報道の解説によると重力波は光や電波と同じ速度だとあります。それだと1光年離れた宇宙では届くのに1年かかります。どなたか説明をいただけるとうれしいです。

 ホーガンのSF小説には通信のみでなく重力による宇宙船の推進が登場します。進路前方に巨大な引力を発生させ、宇宙船はそれを目指して重力で落ち込んで行きます。空から地上へ落ちるのと同じ理論です。
 この重力推進はブレーキとしても使用できます。しかも壁にぶつかるような急停止をしてもショックを感じません。重力は宇宙船だけでなく搭乗員に至るまであらゆる物質に作用するからです。
 こんなSFをワクワクしながら読んでいました。同じ志の人はいませんか。




2017/10/03.  mar.  autun.

 ピアノ教室。先生との連弾はまことに順調。向こうが合わせているのは見え見えですが、気分がよく自信が湧きます。
 そこで先生いわく、1月7日に発表会があります、何を弾きますか? ちょっと待って、まず出場するかどうか訊ねるのが順序でしょう? でも話は先生ペースで進み、「何日君再来」を弾くことになりました。
 さあ大変だ。先生はクールに、発表会用に譜面を修正します、伴奏の左手は大変わりしますからそのつもりでいて・・・・。
 夕食のビールの効きが早かった。意識しなくても気分高揚しているのでしょうか?




2017/10/02.  lun.  autun.  

 太極拳もピアノも都心部の同じ駐車場を使っています。駐車場は3台分ごとに柱がある建物で柱の傍に入れるのはあまり楽しくありません。観察していると入口の管理人は私に柱が右にくる場所ばかり指定しています。つまりドア開閉に最も不便な場所です。
 詳細観察によると、出入りの楽な場所は女性が優先されているという結論になりました。その気持ちは判らないでもなく、女性からクレームを受けるのを避けたいのはみんな同じ気持ちでしょう。こちらは古タヌキですからどんな所でも駐車して見せます。
 場内で駐車スペースの出入りに四苦八苦している女性陣を見ると別に立腹するほどのことではありません。でもドアの開きが不十分なため身体を斜めにして乗り降りするのも少し苦になります。




2017/10/01.  dim.  autun.  

                ハンガリーからのカレンダー 10月
           



 中四国エスペラント大会の第2日、といっても昨日は前夜祭ですから今日が本番です。当日参加メンバーのため朝食を一番乗りして受付に詰めます。女性メンバーが遅いので探しに行ったら食後のおしゃべりに夢中でした。これ以上書くのは遠慮します。
 大会の議事は順調に進み、昼食。昼休みに恒例の発炎筒の実習を行いました。参加者は7名、ここも女性上位でした。

 午後の分科会で1時間を担当します。題名はシルクロード。テーマ話を3話で30分と写真の説明を30分ほど。聴衆の表情を見ながら話すのは気分が楽で、端折る話、予定以上に盛り上げる話と自由気ままです。そのうちのひとつを。


 ハーレムという言葉を聴いてあなたは何を想像しますか? その想像した内容は全部間違っています。誤解を解いて正しく理解していただくために説明します。
 ハーレムとは中央アジアに発生したシステムで、平たく言えば皇太子妃を教育する機関です。一例を具体的に言うと、王位継承者(皇太子または孫)が7歳になったとき、全国から5歳の娘が400名集められます。地方の有力者が推薦するので本当に優れたメンバーです。
 しかも親との縁を切って孤児として参加します。これは閨閥を避けるためで中国や韓国の古代史を読めば妃の実家がのさばる弊害が歴然とします。
 それから10年間、カンズメとなって皇太子妃として(将来の王妃として)の教育を受けます。5歳から16歳まで継続するのですから完璧な人柄と能力が出来上がることになります。しかも校長は王妃です。つまり姑になる人が将来の息子の嫁を教育するのです。
 16歳になるとそのうちの一人が皇太子として選ばれ結婚に至ります。その一人を選ぶのは王妃です。こういう経過をたどると内助の功が行き届き、生まれる子供もまず優秀です。バカ殿が出来上がる要素はありません。万一バカが生まれても次の代で修正されます。
 したがって代々のスルタンは賢君が揃うことになり、良きにはからえ、で済ますことはなく、政治家としても優秀な成果を残すことになります。長く生き残った多くの王国はこのハーレムのシステムを採用しています。
 もうひとつ、こういう経過ですから嫁と姑のトラブルは起きません。王も皇太子も家庭内の騒動を心配しなくてよいのてす。

 したがって今あなたが想像したのは本来の姿ではないのですが、現実には堕落したハーレムが多く実在します。その点ではあなたの想像が正しいのですが、人間は自分を律することが苦手な動物であることが判然と判ります。

 最後にいつも必ず出る質問。残りの399名の女性はどうなるのですか? これは問題ありません。最高の教育を受けて実家のしがらみもない、となれば高級官僚から引っ張りだことなります。妻が王妃と同級生というのは彼らの人生において大変なプラスに違いありません。


 これらの話は予想以上の拍手をいただきました。まず成功と言ってもいいかと自画自賛しています。
 閉会式のあと駅行きの送迎バスに乗り込みました。帰りの電車内はとても眠かった。





    ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄ 



 
   トップへ
   近況メモ目次へ 
   次ページ(2018-01)へ     
   前ページ(2017-09)へ  
 

  


































           








           




      前文