トップへ
   近況メモ目次へ 
   次ページ()へ     


                近 況 メ モ    2017-Apr.~Jun.  


2017/05/23.  dim.  prim. 

 あるビルに用があって出向きました。1階の案内で訪ねたところ、エレペーターを3階で降りて右へ行き、突き当たりをまた右へ・・・・・とていねいな説明で頭の中の地図が混乱します。つまり南へ歩き、次いで西を向けばいいんだ・・・と考えていたら、通りすがりの社員が奥を指さしてあの部屋の真上になりますよ、と教えてくれました。
 これは満点の説明でした。いま居るエレペーターホールとの位置関係が一目瞭わかります。こんど自分が案内するときも参考にしましょう。右折して30m・・・・方式が最も的確な案内だと考えていたのを反省します。 




                 
               ペルシアの街角から(15) 2017/04/25




2017/05/22.  dim.  prim. 

 ばら祭の会場でもっとも眼を惹いたばら。名前は「金閣」

      




          
                ペルシアの街角から(14) 2017/04/22




2017/05/21.  dim.  prim. 

 ♪ 心に咲く花の色・・・・・・・

、ばら祭の第2日。きょうは薄曇り。雲量10ですが薄日が指しています。湿度が高く昨日よりも暑く感じます。

      
         われらのプースです

            
 立ち止まる人は多いのですが 声をかけるのは少なく テントに入るひとはさらに減少します 


      
 講習風景  青いTシャツが講師です きょうは山野中学校の生徒全員がポランティアで駆け付けてくれました 大人に「先生」と呼ばれるのは相当のプレッシャーと見受けます 福山市で最も小さく全校生徒6名の中学校です


      
 この教室の前をブルガリアのカザンラク市からのばら大使が通りました 撮影する余裕がなかったのは残念です


 昼食は昨日に懲りてきょうはインド料理になりました。ナン(小麦のパン)とカレーです。インド料理はカレーの辛さを選べるので気分が楽です。それでも5段階の4にしました。ナンは本式のカマドで焼いていました。おいしい。


 夕方になると食堂街の値引きが始まります。今年はどの店も値引き用の値札を用意していました。なぐり書きの値引札は品位が落ちると悟ったのでしょう。
 最初に値崩れするのは焼きそば、数が多いのと残ったら処置なしですからうなづけます。次いでスープやカレーなど。肉類は最後まで頑張ります。時間に追われないのは強いですね。なおソフトクリームの値引きはありませんでした。プライドなのか。

 例によって夕方から来る家族連れも目立ちます。会場はまだ閉鎖しませんから、空いてきた芝生のテーブルに値引きした商品を買い集め、たっぷりの夕食を用意することができます。子供たちも楽しい日になったようです。




2017/05/20.  sab.  prim. 

 ♪ 咲き乱れる薔薇たちよ・・・・・・

 ばら祭の初日です。天候は快晴、雲量は0。気温はぐんぐん上がりましたが、こちらは先日に砂漠を歩いたばかり、周囲の暑い暑いの声が幼児の愚痴に聞こえました。
 折り紙の講習はマンツーマンが原則なので講師も10名あまりが待機します。ばらの折り方は商標登録されていますので有料で教えるのは問題があり、テキストを買った人に無料サービスとして教えるというややこしいシステムとなっています。


      
        朝の開館前の教室  開業中はとても撮影する余裕がありません


      
             教室の前はすぐ花壇です


 私のお客さまのうち、一人は小学校6年生の女子児童です。よくいらっしゃいました、講師の宇田と申します・・・・・とはじめたら、彼女は固まってしまい申し訳ないことでした。言葉をあらためてやっと打ち解けました。

 昼食は会場内の食堂街へ。今年の出店は39軒ほど。一番多いのはやきそば、あと何でもあります。アルコールも公認なのに酔ったオトーサンは見かけません。それだけ健全な祭りといえるのでしょう。
 めぼしい店は行列だし、昨年と同じタイ料理に行き着きました。前回はトムヤムクン(トウガラシのスープ)で失敗したのでチキンカレーにしましたが、これもヒリヒリする味でしゃべり疲れたノドにはきつかったようてす。

 講師と生徒が並んで座るのは相互に見やすいようにとのアイデアでしたが、私は不便で向かい合いに席を移しました。不便だというのは生徒の指先が見えないからです。教えたとおりに折っているかは向かい合わないとわからない相談です。

 お客さま(受講者)は今までの土曜の最高記録で63名を数えました。一人1時間を要しますので講師陣はほとんど4回転しています。




2017/05/19.  ven.  prim. 

 ♪ 100万本の花たちよ・・・・・・・・ このメロディもすっかり市民に溶け込みました。

 明日からばら祭です。少し忙しい。



               
                 ペルシアの街角から(13) 2017/04/20




2017/05/18.  jau.  prim. 

 山陽新幹線博多駅に女性駅長が誕生しました。富沢五月さん、入社したとき本社採用メンパーも各現場を経験しますので、私たちは岡山駅に勤務していた初々しい彼女を知っています。その後に出会う機会はなかったのですが、思いがけないニュースで名前を思い出しました。



 皇室の秋篠宮真子さんの婚約内定(ずいぶん回りくどい言葉ですね)が発表されました。何よりも25歳という若い年代を祝福したいと思います。他の内親王の皆さんは35歳を筆頭に年長の方ばかりですから、世話焼きの立場の方々は責任重大でしょう。



             
               ペルシアの街角から(12) 2017/04/25




2017/05/17.  mer.  prim. 

 高校同窓会の総会準備会。いままで出席とか寄付などで接触のあったメンバーに案内状を送る作業です。卒業生は1937年の1期生から20000名を数えますが、実質対象者は2000名ほど。プリントれた宛名シールを封筒に貼り、案内状と会費振込用紙を入れて封をします。
 12名ほどが汗だくで取り組みました。他に自分の同期やクラスへの通信を同封してもよいので、私もクラスあてのプリントを用意してきました。


 植え付けたイモは意外に元気です。原因は日射が厳しくないことらしく、曇りがちの天気に感謝あるのみ。でも今日あたり水を補給しようかと考えています。識者によると苗が甘える副作用も大きいので水やりは諸刃の剣だそうです。もちろん弱って枯れそうな場合は別ですが。



          
             ペルシアの街角から(11) 2017/04/20




2017/05/16.  mar.  prim. 

 ビアノ教室。新しい譜面が来ると頭と指がクラクラします。先生から音符に指番号を書いては、というアドバイスがありました。でも先生、それはカンニング行為じゃないですか?
 宇田さんはそう受け止めますか。たしかに入門のころ、音符にドレミを書くのを止めさせたことがあります。それは音符を読む練習を妨げるからです。しかし指番号は違います、そう考えるのは宇田さんの欠点ですよ。音符を読めて、その後に指が迷うのは当たり前のことです。
 今は弾くために指を運ぶのが目的で、そのために譜面に指を書くのは当然の手段です。目的と手段を取り違えないで下さい。そういうストイックな姿勢を私は評価しません。
 先生も私の理路整然ヘリクツ流に染まったように思えます。でも先生の言うことが正論であることも受け入れます。いい先生です。でもあちらは祖父に意見する孫娘の気分かも知れませんね。


 ペルシアからの郵便事情。きょうリポートが届き、4/26にドバイで投函したものが着いていました。帰りの乗り継ぎでドタバタした投函です。ペルシア国内で投函したものまだ一通もありません。




        
             ペルシアの街角から(10) 2017/04/20




2017/05/15.  lun.  prim. 

 山陽本線の尾道駅の駅舎が新築されることになりました。旧駅舎はきょうまで使用、明日から臨時駅舎へ移ります。
 お別れに訪ねて見ました。  尾 道 駅 をどうぞ。




                
             ペルシアの街角から(9) 2017/04/20




2017/05/14.  dim.  prim. 

 ばら公園へでかけました。「ふくやま」の名が付いたバラを探します。

      
              ローズふくやま


      
              アニバーサリーふくやま


      
            プリンセスふくやま


 これらの名はいずれも栽培業者から持ち込まれたもので、ぶっちゃけた話としては売り込まれたものを購入したものてす。新種が開発されるとネームを付ける権利が商品として流通するわけです。


      
                  福山城

 この福山城は地元の有志が交配を重ねて開発しました。文字どおり自作の品種です。華々しさではあと一歩なのが惜しいのですが、広めて行きたいと願っています。


 ばらの表情を捉えるには毎日のように通うことが必要です。私のように時々撮影に行くのでは完全なものは無理です。その点のみはご承知ください。


 こちらはペルシアのばら。

             
             ペルシアの街角から(8) 2017/04/18


 新ファイル、「アルバム 2017 シルクロード」を開きました。ペルシア紀行の写真ページですが、整理と説明の完成が何時になるか自信がないので取り敢えず開きます。3分冊のうち1冊目です。2冊目は工事中。




2017/05/13.  sab.  prim. 

 昨日の雨のあとの畑でイモの植付け第2陣。昨日すべての準備を済ませていたので植える作業のみ、それでも170本に2時間を要しました。準備作業がすべての3/4を占めて、本番作業は1/4のみ。世の中すべてそうですね。
 イノシシに襲われませんように。10月に保育園児70名のこぼれる笑顔が見られますように。



                

              ペルシアの街角から(7) 2017/04/20




2017/05/12.  ven.  prim. 

 太極拳教室。その前に雑用を済ませていたら遅刻しました。お恥ずかしい。いつも1時間前に来て予習をしているのが私のイメージだったそうです。

 イモ畑はマルチに苗のための穴あけ、雨水透過のための穴あけ、風による浮き上がり防止のクギ止めと作業が目白押しです。今晩が雨の予報なのでその前に植付けできればベストなのですがどうも天に見放されたようです。


 福山税務署の統括国税調査官の訪問をうけました。目的は税務調査。言葉は穏やかですが不正摘発の強固な方針が見て取れます。話すうちに内容が判って双方が納得の結論になりました。
 原因は私が不慣れな株の売買をしたのが目に留まったようです。証券会社から税務署へは細大もらさず報告が行くのですね。むろんやましい点のないこちらは胸を張って応対します。ともかく私が未納扱いになっている所得税を予納することで収まりました。
 予納というのは計算結果が出る以前に概算額を仮に納めるものです。目的は延滞金の加算を止めるためです。予納すれば悪質でないと判断されて延滞金は附加されません。
 株なぞ扱うのは私の性に合いませんが、JR在職中に社員持株会に入会し(入会を断るのは無理です)、退職のときに個人名義に書き換えられたものをそのまま持っています。他の理由で少し操作したのが目に付いたのですね。これからは冬眠が一番と心得ることにします。



            
              ペルシアの街角から(7) 2017/04/20




2017/05/11.  jau.  prim. 

 岡山までサンパツに。往路は117系4両、復路は115系略式リニューアルの4両。117系は岡山に1本しかない100代でした。0代より優れていますが窓のカーテンの止め位置が不満です。
 カーテンを下ろすとき、上から70%・90%の位置にあり、視界を確保するため目の位置の上で止めることができません。50%の位置にも止め穴を設けるべきでした。
 山陽本線ではこんな2ドア前向きシートの編成と3ドアのロングシート編成が無差別に来るので、乗り心地に大きな差があります。神戸支社はすべて221・223・225系の編成だし、広島支社はもうすぐ227系一色になります。


 帰宅してからやっとイモの苗を植えました。ただし30本のみ。全部で200本を予定しているので数日かかりそうです。



            
              ペルシアの街角から(6) 2017/04/20




2017/05/10.  mer.  prim. 

 雨のあとの畑にイモのマルチを敷きました。カバーする畝は25m×6本。これで今朝までの雨で湿った土壌を封じ込めます。苗を植えるのはゆっくりとマイペースで。きょう一気に植えればベストですが体力がおっつきません。


 イランの人たちは外国人アレルギーがなく、気軽に話しかけて来ます。2000年を超える近隣国との歴史を考えれば当然のことでしょう。
 いらばん多い声かけは「チーノ?」 私たちの風貌からはまず中国人なのですね。「ノン、ジャポン!」と意気込んで答える自分が少しおかしい。中国に間違われたのが意識に引っかかっているのです。ジャポンはみんな知っていて反応してくれるので、少し自尊心をくすぐられます。
 でも圧倒的に出て来るのは、チーノ?  チャイナ? ニイハオ・・・・やかましい!
 その次にこちらが訊ねるのは、オリガミを知っていますか? 私の接したデータではまだ1/10くらいの周知率です。折りばらを胸に付けて歩くと指さして話しかけて来ます。


                
               ペルシアの街角から(5) 2017/04/20




2017/05/09.  mar.  prim. 

 久しぶりに本格的な雨。待ちかねていた理由はイモの植付けのたです。土が深くまで湿った状態でないと、あとあと不都合が生るので、タイミングをずらしても雨を待つのは常識です。ただし灌漑の給水設備があれば別ですが、素人農業では望むべくもありません。


 これも久しぶりのピアノ教室。すっかりカンが鈍っていて、ブラームスの子守歌の両手演奏にずいぶんトチりました。先生から時差ボケですねと労りの言葉が出るのもつらい。


 外国へ出かけると毎日エハガキを出して、数名のモニターにお願いして日本へ到着するまでの日数を記録しています。今回は4/13からスタートしたのに到着連絡がなくヤキモキしていたら、きょうやっとリポートが届きました。
 4/14の未明にドバイ空港で投函したもの。ただしサービス窓口のお姉さんに切手代を預けて依頼したものです。所要時間26日。残りがどういう結果を持ってくるか興味津々です。
 郵便事情は各国それぞれですが、失礼ながら100%の信頼もしていません。でも今まで届かなかったのはキルギスの首都ビシュケクから投函した1通のみで、これはホテルのフロントへ預けたものです。最も遅かったのはインドからの1通で30日を超えました。


            
              ペルシアの街角から(4) 2017/04/20




2017/05/08.  lun.  prim. 

 大阪府在住の先輩の奥さんから引っ越しますという挨拶を受けました。何処へ? 実家のある三重県の尾鷲市です。夫を見送り子供たちも独立したので、一人暮らしをするのなら生まれ育った所がいいと判断しました。
 はあ、熊野灘育ちですか、太っ腹でメリハリの効いた性格はそこで培われたのですね。はい、九鬼水軍の末裔ですから・・・・。
 彼女は海賊の娘だったんだ、世が世なら周りの土豪たちを従えていたかも知れない。今の世に生まれて幸せだったのか、戦国時代に生まれるべきだったのか。
 熊野灘の気候は心身ともに長寿のクスリでしょう。いつまでもお元気で暮らしてください。そうして、ときどき姿を現して我々の尻を叩いて下さることも希望しておきます。

 紀伊半島の太平洋岸は、「気象データでみる暮らしやすい所」でトップに挙げられています。温暖・多雨・黒潮・南の風、と素人でも判断できます。





              
               ペルシアの街角から(3) 2017/04/20





2017/05/07.  dim.  prim. 

 早起きして京都へ出かけました。連休最後の日とあって新幹線は急ぐ列車を避けて「ひかり」へ乗車。実質は「こだま」の代用であり、ほとんどの駅に停まる新大阪行です。「のぞみ」を待つ人波を横目に2号車は20名ほど。
 のぞみ・さくらの待避を繰り返しながらゆっくりと新大阪着。ここから快速か各停と思ったものの結局は新快速へ。130km/hで京都へ向かいます。途中駅の110・115・120km/hという速度制限が本当に目障りです。原因はホーム前後の曲線で、用地があるので緩和工事は容易です。
 京都の目的地は四条大橋のすぐ東側。地下鉄で京都駅→四条烏丸、阪急で→四条河原町が最短ルートですが、駅からの徒歩が400mになる。陽気で汗ばみそうなので、奈良線で東福寺へ、京阪に乗り換えて祇園四条という道を選びました。そうしてこれは正解でした。
 東福寺はJRと京阪がくっついていて、奈良線の南行ホームと京阪の北行ホームは1本のホームのまん中に柵を設けた風情がします。でも乗換案内は不十分で少しウロウロしました。ウロウロは正しかったのに乗換の階段が目にはいらず、戻って階段をクルクルと歩いて外に出て京阪の改札を入ることになりました。この解答が出たのは帰り途のことで、案内表示に少し不満が残りました。
 祇園四条で降りると出口案内を探します。目的地は交差点の東南側ですがそこへ出る6番階段は閉鎖中、隣の8番階段へ回ったら北東角の離れたところでした。よく考えれば乗客流動の主体は西へ向かって四条大橋を渡る流れです。自分の目的地ばかり考えて不満を感じた次第です。
 人出は多く四条通りの狭い歩道はマイペースで歩けません。和服姿の若い人が目立つのは土地柄なのか、きょう何かの催しがあるのか、キリッと着こなしているのは見る身にとっても清涼剤です。
 漬物の店、西利に入るとエレペーターは店の奥にありました。3階で降りるとエレベーターホールはなく、いきなり室内に放り出されました。最初に目に着いたのは福田静二さんの笑顔、この鉄道写真展の世話人です。

     


 会員25名、ゲスト19名の名作が並ぶ展示会で、長老である佐竹保雄さんには初対面です。蒸機撮影の50年前の苦労話もいろいろと伺いました。
 静態画、季節感、ダイナミックな動き、夜景といろんなジャンルがほどよく噛み合って、活気ある壁面を構成しています。標題や説明のデザインや文章もあか抜けて統一がとれており、これはプロはだしの担当がいるに違いないと勝手に想像しました。訊ねるのは失礼ですから。

 2時間ほど堪能して会場を辞しました。午前より増えた人波をかき分けて往路を引き返します。ついでにあちこち回ろうという好奇心も加齢による体力低下には勝てません。奈良線は往復とも103系4両でした。リニューアルもしていないオリジナルです。自分の乗務を思い出して京都まで少し嬉しい4分間を過ごしました。

 新快速で新大阪へ、500系のこだまで帰途につきました。ホームに人は溢れているのにこだまの8号車の乗客は6名でした。新幹線の主力は長距離の大都市連絡だと痛感します。待避の停車時間が多くて230kmに2時間3分を要して福山へ帰りました。ひょっとすると走行時間より停車時間が長いんじゃないか、こんどは実測してみます。




             
                ペルシアの街角から(2)  2017/04/24




2017/05/06.  sab.  prim.  

 イモ畑の畝づくりが終わりました。毎日1時間の作業でもいつかは完成するわけです。雨がたっぷり降ったあとマルチを敷き、苗の植付けをするのが理想ですが、今日の雨はあまり期待できそうにありません。

 我が家の庭はかがやく季節を迎えています。

      

      




2017/05/05.  ven.  prim.  

 GWに開かれる広島市のフラワーフェスティバルは、雨にたたられる伝統がありますが、今年は好天に恵まれました。天候は最終日である今日の夕方から崩れるそうで、久しぶりに盛会となりました。有難いことですが、少しは私たちの願いを受けたアラーの恵みがあったのでは?


 ドバイの乗り継ぎセキュリティチェック。

 乗り継ぎといえども乗客はセキュリティチェックを通ります。本人は身に付けている物を全部外し、靴も脱いてトレイにまとめ、検査機を通るコンベアに載せます。腕時計もサイフも。バスポート以外の貴重品を全部手放すわけです。
 本人は人間用の検査機を通過したあとボディチェックを受けます。経験者によるとドバイのチェックはとてもルーズだとのこと、厳しいのはアメリカで身体中をタッチされるそうです。
 自分のトレイを持ってポケットへ収納していたら目つきの鋭い係員がやって来ました。あなたのカバンにナイフがある、ここへ出しなさい。心当たりのないこと、???と思っていて気付きました。折紙に折目をつけるためのバターナイフです。
 取り出して見せたところけげんな表情でしたが、手にとったあと行ってよろしいと許可が出ました。レントゲンでは確かにナイフに見えるでしょうね。
 通過したあと胸ポケットのメモ帳がないのに気付きました。トレイから移すときに失念したらしく、すべての行動記録を記入しているので大損失です。ただし3冊のうちの1冊なので救われます。メンバーにこの日のことをあとから教えろ、と頼んだら、細かい記録は宇田さんのメモが頼りですからね、と反論されました。困った、困った。

 検査機を通る前は、自分用の容器を用意しておいてそれにまとめるのがベストですね。トレイにバラで入れるからあわてて間違えるのです。箱でなくても袋であれば用が足ります。着脱の場は行列であり、後ろから押してくるのでつい気が急くからです。


 スナップの中に写っていたペルシア女性のカットを今日から連載します。

          
             ペルシアの街角から(1)  2017/04/25


2017/05/04.  jau.  prim.  

 オードリー・ヘプバーンさま、誕生日おめでとうございます。お祝いの言葉が届かないのは残念です。ご健在ならば88歳の笑顔にお逢いできましたのに。



 ドバイ空港の乗り継ぎドタバタの報告です。

 今回欠席したメンバーへ寄せ書きをと考えて、テヘランで絵ハガキに切手を貼って用意しました。ところが郵便ポストが見当たらない。時間切れでドバイ行に搭乗しました。なに、ドバイで切手を張りなおして投函すれば済むことです。
 4/26の22:50にドバイに到着して、関西空港行への乗り継ぎ手続きが済んだとき、これから自由行動とします、この出発C11ゲートへ02:45までに集合、という指示が出ました。最後の買い物に歩く者、お茶の時間とくつろぐ者、沢山ある椅子で休む者と様々です。

 では絵ハガキの投函です。ドバイ空港にはターミナルビルが3棟あって、このC棟が最大でエミレーツ航空の専用です。細長いビルの両側に駐機スペースがC1からC30まであり、片側に15ゲート、1機分の幅を50mとしても長さ700mを超えます。
 中央に乗客通路、それをはさんで商店街、その両外側に出発ゲートが並びます。通路は直線でありゲート番号はC1からC30まで順に並ぶので道に迷う心配はありません。しかも奇数ゲートは左側、偶数は右側と揃えてあります。

 だれか一緒に行ってと呼びかけたら、一人で行ってらっしゃいと冷たい言葉が返ってきました。ともかくC11ゲートから短い方のC1ゲートまで歩いたところ何にもなし、オープンカフェでお茶をしていた二人から、迷わずに戻るのよ、との激励がありました。
 オープンカフェと記しましたが、このビル全体がドームで覆われて空調完備です。ここの緯度は台湾と同じで、外は砂漠の猛暑の筈なのにここは別世界で実感が湧きません。機への乗降もボーディングブリッジで空調完備、とうとうドバイの外の空気を吸う機会がありませんでした。ドーム内はどこへ行っても23℃で快適です。大変な経費でしょう。

 戻って、こんどはゲートC30を目指して探検開始。この時間は乗り継ぎのラッシュらしく出発案内の10便分はすべて02:00代の時刻でした。したがって人の流れも結構あって深夜なのに程よい賑やかさです。でも通路の長いこと、長さが1000mの散歩道ですから。
 やっとインフォメーションを見つけました。返事は英語とアラビア語です。どちらも?なので、絵ハガキを見せて貼る切手が欲しいとゼスチャーしたら、向こうも手振りであれこれ。要するに向こうにあるもう一つのインフォメーションに行け、と理解しました。

 うんざりするほど歩きます。商店街の中心にはグッチやアルマーニなど有名なファッション店が陣取っています。空港でこれらを買う人が居るのだろうか。どうもステータスとして出店して居るように思えるのは貧乏人のヒガミでしょうか。
 次のインフォメーションはすぐ見つかりました。すぐ目に付く場所で長いビルを半分ずつ受け持っている様子です。絵ハガキを見せて訊ねようとしたら、ポストオフィス、といって向かいを指さされました。さっきのインフォメーションから連絡が届いていたのです。さすが一流の空港だと感謝しました。

 向かいにはひっそりと郵便局がありました。表札のアラビア語の下に英語でpost officeとあるのみ。商店でないのだからもっともです。入るとカウンターに手持ちぶさたのオジサンが一人、あごひげを伸ばした堂々たる面構えです。
 絵ハガキを見せて説明、切手が欲しい、日本までいくらか、10枚ほど、というこちらの意は伝わって、絵ハガキ10枚で30ダラムだとのこと。支払いはドルでいいですね? ダメ、ここはドバイです。ドバイのダラムでないと売れません。当然ながら郵便局は商店ではなく役所なのだ。

 さあ弱った。ビル内の買い物はドルが使えるのでドルと円しか持っていない。イランのリアルは残っているが、ドバイではリアルを使わないようにと注意を受けたばかり。このまま持ち返って関西空港から出す破目になるのかと落ち込みました。歩いているうちに目に入ったのはexchangeの看板、そうか、国際空港だから両替店があるのは当然のこと。
 少額なので気恥ずかしく、客が途切れるのを待ってカウンターに向かいました。メモ用紙に30と書いてダラムを私に、と表明したら、即座に9ドルと返って来ました。慣れないお客の扱いに慣れているのでしょう。10ドル札を出すと、1ドル札と10ラダム札3枚と硬貨2枚が返って来ました。ありがとう。
 通貨単位はディルハムとありますが現地の発音はダラムと聞こえます。私もダラムで通して不自由なく通用しました。

 あらためて郵便局へ。さっきから客はいないらしく、30ラダムを出すと会話以前に3ラダム切手が10枚手渡されました。カウンターにはウェットスボンジがあるのでセッセと貼ります。テヘランで貼ったリアル切手が無駄になったけれどやむを得ません。
 ポストは? と投函の姿勢を見せたら、そこだと目で示します。局の片隅に四角い箱があり、青の縞模様に塗られていました。ポストのイメージが国によって違うのは承知していたけれど、意外に地味なデザインでした。しかしイスラムでは青は聖なる色ですから青いポストはそれなりの価値があるのかも知れません。無事に投函してドバイでの仕事が終わりました。

 足どりも軽く戻ります。話のお土産にとビルの端であるC30ゲートまで歩いてから折り返しました。ビル内の散歩は2kmにおよびましたが、目的を果たした帰り道はずいぶん短く感じます。途中に商店街のサービスセンターがあり、案内嬢ふたりがヒマを持て余していたので、折紙で1枚の紙がばらになる過程を実演して進呈して来ました。
 居並ぶ両側の店もなかなか魅力的です。冷やかしに入ってもいいけれど急に疲れを感じました。ドルが通用するのだから座ってアイスクリームでもと思いましたが、思っているうちに我等の集合場所へ戻ってしまいました。

 集合時刻まであと1時間足らず。1時間半をポスト散歩に費やしたことになります。でも椅子でマグロ寝していたメンバーよりは人生を有効に使ったと自負しています。話を聞いて一人が、私も絵ハガキして来ると席を立ちました。あとから聞くと両替額は1ドル、手数料6セント、僅かな端数なのに親切だったよとのこと。美人はいつでも得をするようです。
 時間を持て余しても私たちの立場は乗り継ぎなので空港の外には出られません。出ればドバイへの入国となりますから。したがってバスートにはドバイの記録は残りません。

 なおドバイは国名ではなく、正式国名はアラブ首長国連邦(united arab emirates、略称UAE)といいます。正確にいうとUAEは七つの国から成る連邦国家でその一つがドバイです。国の人口は450万人、首都はアブダビ。航空会社のエミレーツはアラビア語の首長国の意味でしょうか。

 エミレーツ航空EK316便はドバイ空港を未明の03:30定刻に出発しました。直後に朝食サービスがあり時間感覚が狂います。夜明け前ですがいま日本時刻は08:30、関西空港に17:40到着まで9時間のフライトです。窓の外ではその間に夜が明けて1日が往き、たそがれが迫ります。忙しい時間が過ぎるのでしょう。




2017/05/03.  mer.  prim.  

 4/18にペルシア湾ののど首にあたるホルムズ海峡を訪れました。幅60kmの海峡ですが大型船の航行できる幅は僅かなので、一事あるときに海峡を封鎖するのは簡単です。
 日本の消費する石油の80%はこの海峡を通過して運ばれます。日本にとってもライフラインといえます。

      
 対岸はアラビア半島のオマーンですが霞んで見えないのが残念です。手前の土が赤いのは鉄分を多く含むためで植物は育ちません。


        
 テヘランから遊びにきたというイラン娘たち。敬虔なスカーフ姿との落差に驚きますが、ガイドの説明によると、そういう自由が保証されているのが現在のイランです。この娘たちが例外ではありませんと念を押されました。胸のバラはイラン・日本の友好の印にと進呈したものです。




2017/05/02.  mar.  prim.  

 イモ畑の畝づくり。4/30の機械作業に続いて5/01・02と手作業による畝づくりです。鍬で土を揚げて仕上げるので重労働ですが、もう無理をせず一日に実働1時間に制限しています。それもたっぷりと休憩しながらで、細く長くならまだまだ負けません。
 イモの植付けは遅れますが収穫が目的ではないと割り切っています。苗が品切れになると困るのですが。




2017/05/01.  lun.  prim.  

 ペルシアでモスク(寺院)を見学のとき、専属の説明員が付きます。入場は無料ですが説明員の費用がかかります。結果的に有料なのですがモスクで収入を得ているという非難はかわせます。
 説明員は黒いスカーフを着用した女性です。きれいな人なので現地ガイドに撮影してもいいかと訊ねたら即座に拒絶されました。モスクはイスラムの聖地です。彼女は信徒です。この聖なる場でイスラム信徒が異教徒のあなたたちの撮影対象になるのは許せない・・・・・・。お客である我々にそれを言うかと思うほど厳しい言葉でした。


 ペルシアは旧国名で、現在はイランが正式名称です。でも歴史を学んで行くと2000年も使用されて来たペルシアと呼ぶのがしっくりと来ます。今後も混用します。



          
              ハンガリーからのカレンダー 5月




2017/04/30.  dim.  prim.  

 福島原発は今月も無事でした。でも溶融した燃料は手付かずのようです。それに従事する人たちの被曝管理はきちんとされているのか、長期戦ですから政府も腰を据えて対処する必要があります。


 イモ畑を耕耘しました。ペルシア研修の2週間ほど放置していたので固く締まっていました。早急に準備して苗を植えてければ・・・・・。畝づくりの一歩として耕耘機による畝切りを済ませました。あとは手作業による仕上げです。




2017/04/29.  sab.  prim.  

 ペルシアの印象は女性がきれいだということ。これは女性を含むメンバー全員が洩らしますから事実でしょう。男性はいずれもひげモジャの面構えなのでずいぶん損をしています。

      
 モスクへスケッチに来ていた女学生たち。建築デザインを専攻していて全員が19歳とのこと。ご覧の通り彫りが深すぎずメリハリがあって日本人の美的感覚に合いそうな風貌です。スカーフは全員が着用していますが、その下のヘアスタイルはいろいろのオシャレがありそうです。
 左端に写っている和服は我等のメンバーの一人。大変な人気で写真撮影で並ぶようにに呼び止められて歩が進みません。




2017/04/28.  ven.  prim.  

 目が覚めたら10時、まだ疲労と時差ボケが残っています。官房長官へのお土産は、イスラム教徒用のスカーフ(あちらでは異教徒でも必需品です)、タイル模様のカード(磁石で冷蔵庫に貼るお守り)、ナツメヤシの甘漬け、サフラン香料の菓子、紅茶、ココアのビスケット。
 食べるものばかり、との印象だったようで、金の腕輪とか考えるべきでした。貴金属の店は沢山ありましたから。




2017/04/27.  jau.  prim.  

 ペルシアからただいま帰りました。エミレーツ航空のドバイ発 EK316便は関西空港へ1719着陸しました。
 気温19℃、山に樹木が繁る日本は本当に別世界です。




2017/04/14. から 2017/04/26. まで 


 この期間中のことは別項の「シルクロード2017」「アルバムシルクロード2017」へ記します。(現在いずれも工事中)

      
 現在も残る遊牧民の集落を訪ねたときに見かけた子羊  幼児は群とは別にテント傍の保育所生活ですが少し成長すると草を求めて移動する母親に同行を許されます  嬉々として歩く姿をご覧ください  2017/04/19




2017/04/13.  jau.  prim.  

 ちょっと出かけて来ます。行先は北緯30°東経50°付近、暑そう。




2017/04/12.  mer.  prim.  

 畑の第4回目の耕耘。イモの予定地です。




2017/04/11.  mar.  prim.  

 桜は満開を過ぎて散り始めたのに、まだまだ華やかです。写真をこのページに載せられなくなったので紹介できず残念です。
 原因はカメラとパソコンを繋ぐケーブルがスーツケースに入って遠くへ行ってしまったため。




2017/04/10.  lun.  prim.  

 4/06に紹介した中島忠夫写真展に出かけました。新大阪から新快速が早いのだけれヘソを曲げて321系の各停に乗りました。
 高槻駅北口の芥川商店街に会場はありました。カウンター7席、テーブル3脚を持つ喫茶店です。中島夫人とは久しぶりの再会。お祝いを述べて写真やアルバムへ。写真展のお客さまはコーヒー代を無料というサービスがありました。
 なつかしい写真に見入りながら至福の30分をすごしました。中島夫人は次々に訪れるお客の接待でゆっくり座るヒマもありません。

 会場の挨拶状をお目にかけます。

  
        写真は広島駅 ナハ10を連ねた昼間の上り列車といえば東京行の
        急行「筑紫」しかありません。博多発、東京行きです。手前のD52も
        走行中なので貴重なタイミングです


 帰りは新大阪まで323系6両の快速。新大阪からは「さくら」の自由席でしたが70%という理想の乗車率。新神戸から通路向かいに初老の白人夫婦が座りました。折り紙を出していたら彼らの好奇心がこちらを向いたので、折り方を実演して見せました。
 出来上がったばらを女性に進呈すべきですが、彼に渡して彼女へ贈るよう仕向けました。むろん喜んでくれて、コサージュピンを用いて胸に飾るところまでサービスしました。岡山に近づいて彼らが降車準備を始めたので、どちらから? の質問をしました。ここまではパントマイムですから。
 言うことが判らない。3度目にやっとパリスが聴き取れました。パリ! フランス、遠くからようこそ、全く会話になっていません。お別れにボンボヤージョといったら判ったようです。
 岡山からそのあとへまた白人の男が座りました。外国人が多い日です。オリガミ! と目を輝かせましたから、こんども民間外交が順調に進みました。どちらから? これも数回繰り返してからユナイテッドキングダムと理解しました。イングランド? と返したら無視。このあたりの地域性を読んだ事がありますので深入りは見送ります。
 でも自国名をユナイテッドキングダムとは不遜な表現ですね。ユナイテッドステーツも同じ。国連の会議の写真でこの名札を見るのはあまり楽しくありません。
 そのキングダム氏の連れは別席にいました。ワイフ、と紹介したので、ばらをもう一つ進呈しました。控えめなチャーミングな女性でした。




2017/04/09.  dim.  prim.  

 桜が昨日から散り始めました。でも見かけは今が満開です。

      

      

      



 こちらは隣接した桜の下の光景。町内有志の会です。自分たちが植えた桜なのですが、29年経つとメンパーが代替わりして、私を含む2人のみが経験者です。
 
      
       ドラムカンこんろでパーペキュー  これだけは今も変わっていません




2017/04/08.  sab.  prim.  

 お釈迦さま、誕生日おめでとうございます。もしご存命なら2641歳をお祝いするところです。


 机の奥から製図器が出てきました。購入は1955年ですから62年前になります。
 もう製図器とは何だ? という世代が多くなったかも知れません。工業高校へ入学すると逃れる事はできない道具です。機械製図・電気製図・建築製図の角方が異なっていたのもよき時代でした。角方とは平面・側面・正面の配置をどう描くかという区別です。蒸気機関車ならば側面図を左側・右側のどちらを書くかという問題になります。
 これは10本組と申します。道具の数を呼ぶもので、高校生用には8・10・12本組がありました。

     

 上から番号を打ちますと、①はデバイダ、②はコンパス脚(鉛筆)、③中デバイダ、④左は小コンパス(烏口)、④右はコンパスの脚(烏口)、⑤は中コンパス(鉛筆)、⑥は鉛筆の芯ケース、⑦は中コンパス(烏口)、⑧左は小コンパス(鉛筆)、⑧右はコンパスの中継ぎ脚、⑨は烏口。


      

 デバイダと鉛筆脚。背景はタタミなので大きさを想像して下さい。


      

 烏口。

      

 烏口。2枚の舌の間に墨汁を含ませ、舌先のサイズを調整して線の太さを決めます。むろんカンによる調整なので個人差があります。お前の0.3ミリ線は太いなあなどと冷やかされます。


      

 小コンパス(烏口)と中コンパス(鉛筆)です。大きさ比較のために私の指先を入れました。

 鉛筆の線も誤差を少なくするために芯を薄く削っていました。紙に接触する部分はカミソリを縦に充てる感じです。出来上がってから烏口で墨入れします。神戸の三菱重工の造船所へ見学に行ったとき、墨入れは専門の社員がずらりと並んでやっていました。全員が女性です。
 墨を入れた図面は本当にきれいですよ。今から思えば芸術家の仕事をしていた訳です。




2017/04/07.  ven.  prim.  

 桜が満開となりました。今日から日曜まで天候がグズつく予報なので写真の出来ばえはもうひとつ。
      



 太極拳教室。授業後に福山城公園で花見の予定でしたが、雨模様で座るところがありません。 職権乱用で城の櫓にある座敷を借り受けてなんとか花見を決行と相成りました。女性上位のクラスですから、ビールも出ず、お弁当を上品に食べてのおしゃべり会です。隣室はバーベキュー道具一式を持ち込んで賑やかに花を愛でていました。


 市内の小学校は今日が入学式でした。新1年生は花吹雪を浴びながら校門をくぐったことになります。




2017/04/06.  jau.  prim.  

 福山蒸気機関車保存会の会計監査。簡単な帳簿なのに相棒は領収書も全部チェックすると譲りません。私はハンコを押せばお終いだと気楽に構えているのに。総額数十万円の会計だから、イザとなれば責任とって補填すればいいじゃないか、という私の生き方は間違っていますか? 
 こういう考えは退職後に芽生えて来ました。生産に携わらないから堕落したのでしょうか。几帳面な宇田が・・・・・と不思議がる人が多いのですが、その人たちの信頼を裏切ったのなら申し訳ないことです。



 大阪の中島忠夫さんを御存知の方は多いと思います。 先年に亡くなられましたが、鉄道写真の分野では西尾克三郎さんの弟子にあたる方で、私も勝手に兄事しているつもりでした。また自身でも多くの後輩を育てた方です。
 その中島忠夫さんの遺作写真展が開かれます。
  


 もちろんテーマは蒸気機関車。職業がTV局のカメラ担当だったのでアングルには感嘆するのみ。観覧をお勧めするしだいです。
 この写真は瀬野~八本松の川上西トンネルに入る手前で、22‰勾配はここから16‰となって峠目指してのラストスパートとなります。貨車はすべて鮮魚満載の冷蔵車、東京まで18時間なので明朝の築地市場のセリにかかるのでしょう。




2017/04/05.  mer.  prim.  

            定点観測のばらの芽   後方はイモを植える予定地
      

           同じく桜
      
         左が南です 日当たりのよい順に咲きます



 高齢者の集まりではいつも病気と体調の話しは厳禁だと言っているのですが、きょうは自己紹介を少し。
 ドクターから4/3の不整脈の説明がありました。頻繁に脈が飛んでいる、つまり血流(脈拍)が4回あるべきときに3回しか打っていないといった例が多発している。これは血流が必要量の3/4しか供給されないことを意味する。
 これで最近のしんどい状況が説明つきました。どこも悪くないのに重負荷の作業をするととにかくしんどい、放射能障害だった母もこんな毎日だったのでしょうか。
 ドクターいわく、病気ではないので対処の方法はない、付けるクスリもない、また時間とともに悪化する心配もない。生活の肉体労働をセーブして能力を超えた仕事をさせないことです。先生、ビールをたしなむのは? それはかまいませんよ、無理さえしなければ。
 一番悪いのは、バスに遅れる・・・・などと短距離を全力疾走すること、階段や上り坂を無理して登ること。自分がしんどくない範囲で動けばよいのです。
 先生、旅行の予定があるのですが?  かまいませんよ、無理をしないというのはどこでもいつでも同じです。




2017/04/04.  mar.  prim.  

 歯科医の治療終了。渡航先のビザがとれた由の連絡も入りました。向こうで使う費用のドルへの両替も済み。経験から20ドル・5ドルを主にします。50ドル・10ドルはなぜか使いにくいのです。


 銀行でまとまった金額を引き出そうと思ったら、行員が低姿勢で、こういうときは警察に連絡することになっています、いま連絡してもいいですか?
 振り込め詐欺の話だなと思い当たります。急がないし好奇心いっぱいで、どうぞと返事をしました。ほどなくスーツ姿の警察官2名が到着、県警の生活安全課の〇〇ですと名乗って、銀行の応接室で尋問?が始まりました。
 とにかく低姿勢。あなたを怪しいと思ったわけではなく、このような詐欺が続いているので、お話を伺うということで御了解ください、と繰り返します。
 面倒なので、出版社から振り込まれた印税を引き出すだけです。社名はこれ、金額はこれ、使い道はプライベートですが、怪しい所へ振り込むわけではなく持ち帰ります。と繰り返して会話は終わりました。話を聞くと、対象者の中には顔面蒼白で子供や孫の一大事ですからと信じきっている人も多いのだそうです。
 福山市の被害額は年間2億円、圧倒的に多いのは数万円の被害で、金額が大きいのは件数が少ないもののびっくりする金額だとのことです。
 いまのお話の裏付けを取りたいのですが、ここからご家族へ電話してもいいでしょうか? いいですよ、ただしカミさんは(官房長官では通じませんから)あやしい電話には多分出ませんよ。じゃあ、奥様にあなたが電話して私に話をさせていただけませんか。
 官房長官にナイショではないけれど、話を合わせてくれよと念じつつ電話しました。ポリさんはまず、あなたが奥様に違いありませんね、念のためにお名前と漢字を確認させて下さい。こういうお金があることと、ご主人が今日引き出すことは御存知ですね。
 もとよりウソはないのだから疑念は晴れたようです。彼らはいわく、お話をうかがうと印税という結構なお話なので、我々も気が楽になりました。ほとんどは生活や家族問題で困り果てて肩を落としている人が多いのです、未然に防げるのは半分以下であり、私たちも頑張りますので今後もご協力をお願いします。
 あとで行員に通報する基準は何だ? と訊ねたら、いえ、それは様々な状況がありますのでと泣きそうな表情になったので話題を変えました。ともかく見守ってくれるというのは感謝すべきでしょう。
 でも私が何歳に見えたのか? 詐欺にあっているような高齢者に見えたのか?




2017/04/03.  lun.  prim.  

 かかりつけの内科医へ。歯科医とともに旅行の準備として欠かせません。下痢を予測しての整腸剤も準備します。ついでに検査も、と美人ナースの甘い誘惑に乗せられて、あちこち診ることになりました。
 心電図に不調が出ていますね、日常生活に支障はありませんが何かの拍子に無理をして走ったりしないように。これは自分でも鼓動の異常として自覚しています。


 暖かい日が続くと植物の生育が驚くほど早くなります。

      
        定点観測 ばらの芽

      
          定年退職記念の桜がほころび始めました。

      
         早咲きの枝先はこのとおり




2017/04/02.  dim.  prim.  

 隣の福山市田尻町がアンズの里であることは紹介しました。アンズ祭りも無事に終わったので余韻の残る現地を訪ねてみました。

      
 県道の街路樹はアンズです。まだ若木なので背は低いのですが枝の先までビッシリと花を着けています。10年後にはどんな通りになることでしょう。


      
 アンズは本当に満開です。


      
 高台から見晴るかすアンズの群花と瀬戸内海。滞泊の大型船は福山港への入港待ちで、製鉄所への原料輸送がメインてす。
 遠景の島々は、左から、小飛島・大飛島・袴島・六島・四国本土の紫雲出山。




2017/04/01.  sab.  prim.  

           
                 ハンガリーからのカレンダー4月
 

 暦の上では春たけなわ、少し肌寒い初日でした。午前中は昨日の法要の後片付けでバタバタと。

 時間が空いたので駅に駆け付け、上り電車に乗車。各停ながら117系4両、新倉敷まで30分あまりの間に昼食を済ませました。

 中四国エスペラント会の第18回大会を9月30日に倉敷市玉島で開催します。その準備委員会です。とはいえ地元のことは判らないのでNPOの観光ガイドを依頼して旧市街を一巡しました。
 玉島は現在は倉敷市に含まれていますが、明治初期まで岡山県第2の大都市であり、瀬戸内海航路の寄港地として栄えていました。海に面する箇所では、ここに倉庫があってという説明が繰り返されます。
 玉島の衰退は輸送の主軸が航路から山陽鉄道に移ったためでもあります。そのとき玉島駅が市街から4km離れて設置されたのもマイナスてした。
 ともかく栄華のあとを訪ねる形となりましたが、最後に山上にある円通寺へ足を運んで景色と環境を堪能しました。ご承知のとおり良寛にゆかりのある寺で、若きころに修業した寺でもあります。直筆の書も残っていて、 良寛の逸話は新潟のものが多いのにその基礎はこの円通寺で培われたと伝わっています。
 4時間ほどの滞在で多くの知識を得ました。大会の企画談義があまり進まなかったのは残念です。帰りも117系4両、こんどは快速サンライナー(岡山→福山)でした。




    ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄ 




   トップへ
   近況メモ目次へ 
   次ページ()へ     
   前ページ(2017-03)へ  














   










             
                ペルシアの街角から(16) 2017/04/24




           
                ペルシアの街角から(17) 2017/04/18





             
                ペルシアの街角から(18) 2017/04/24




                  
                ペルシアの街角から(19) 2017/04/25



             
                ペルシアの街角から(20) 2017/04/20




             
                ペルシアの街角から(21) 2017/04/20





                  
                ペルシアの街角から(22) 2017/04/25



             
                ペルシアの街角から(23) 2017/04/20



                  
                ペルシアの街角から(24) 2017/04/25



                  
                ペルシアの街角から(25) 2017/04/25




                  
                ペルシアの街角から(26) 2017/04/20



              
                 ペルシアの街角から(27) 2017/04/20