トップへ戻る





                カ フ ェ ぬ く 森     



 広島県神石郡神石高原町にあるカフェを紹介します。目につかない場所なので口コミのみがお客さまへの案内です。
 随時に追加記入をします。次のとおり。

         追記記入   2019/01/31   



      も く じ    1  はじめてのお客さまへ (道の案内) 

              2  客 室  

              3  ロフト席  

              4  テラス席  

              5  オープンデッキ  

              6  ガーデン席  

              7  メニュー  

              8  備品 展示品  

              9  ぬく森から見える瀬戸内海   

              10  オーナー  




    
1. はじめてのお客さまへ (道の案内)   



      
  

  福山市から国道182号(福山・新見線)を北上すると福山市の次は神石高原町です 
  すでに標高は400mを超えています  10kmほど進むと次へ



      
          
 目標は「道の駅 さんわ182ステーション」、見落とす心配はありません 



 道の駅から100m先のの三叉路を右に折れます 

      

           

 山野というのははるか彼方です  ここまで国道182からの右分岐は「→ 山野」の表示が多いのですが 山野は道路ネットの結節点であって交通の要衝ではありません  危ない道も多いので自分が山野へ行くときはご注意ください  今日も迷えるドライバーを誘導しました 


              

 この三叉路にバス停があります  馬場で犬の訓練?



          

  分岐点にこの案内が出ています お見落としのないように



  右折すると県道104  交通量がぐっと減ります

      

 右は神石高原観光案内所  この先で県道104と別れます


      

 右折するのが県道104  2018/07の豪雨災害で現在は通行止め  直進するのが町道です  別荘が見え隠れするようになりました  このあたり別荘が散在しますが なんの変哲もない山中なのに何が魅力なのでしょう?



   町道を1km行くと県道418の三叉路に突き当たります  ここを右折  

      

       



   県道418を400m走ると交差点に出ます  ここが最高地点で標高609m 

      

      

       1 左折すれば (→ 時安) 広い道だけれど遠回りになります.  
       2. 直進すれば (→ 山野) 県道418  狭い1車線の道ですが最短距離です 
       3  右折すると神石高原ホテル  
    
       若葉マークでないかぎり直進を勧めます 



     
           左折ルートの案内                直進ルートの案内



       

        狭くなります  でも車の幅さえあれば大丈夫


          

                        狭いけれど県道です    



       


       目的地が見えて来ました


       

    もう少し行って振り返るとこんな景色   

    整理された水田区画がきれいですが どれだけの工事費を要したのでしょう




  途中に食用ばらの店があります  ばらのジャムは美味しいですよ  ダマスクとはばらの品種名です   
              

                     


      

       ダマスクローズの花    これがジャムになりジュースになります
       花びらを1枚ずつ精選するのは手作業です

       食べるばら → http://suzuki-rose.jp/



        

      上り坂が続きますが あとひと息  70mという端数の案内がうれしい  
   


      

        駐車場に着きました 収容は10台 標高580m 



              

                   駐車場の片隅で  



      

       となりはスクールバス待合室  雪が積もるので待合室は必要です



               

  駐車場から振り返れば ぬく森が見えてこの階段を登ります  野趣に富んでいますが歩きにくい



             

                上ってから振り返ればこのとおり  向こうは駐車場


             

               やっとカフェの入口が見えました


      

         マスコットマークは「森のジブシー」と呼んでいます 
         デザインしたのはオーナーの中学生のお嬢ちゃん

         ドアはノッカーもチャイムもありません  このドアを開けると・・・



     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




   2.客 室




         

       ドアを開けると細い窓を通して厨房のオーナーと視線が合います  
       左側を向くと・・・・・



         
 
       メインテーブル  木組みを見せた落ち着いた雰囲気です 
       お客さまへのメッセージは 「ゆっくりしに来て下さいね」 



           

       テーブルの中央はガラス張りです  どこから持って来たのでしょう
       製図のトレース机を思い出しました



      

     テーブルのガラスは陽を受けると反射して 室内の壁に虹を描きます 
     刻々と変わってゆく虹をお楽しみ下さい 


           

             卓上のメニューなど



        

       客室の食卓からの眺め  左の木に餌箱がありいろいろな鳥が来ます
       水面が見えると風も雨も適切に把握できます



      

       客室の隅のテーブル  勉強や工作をするのに最適です  私はここで
       折紙タイムを過ごします



      

         入口の傍にはソファー席もあります  クッションもマクラも  



      

           ソファー席からの眺め



      

    ソファー席の脇には薪ストーブ   火の燃える音を聞いたら心も暖かくなりそう 


               

             

        冬になればこのとおり   火入れ式をきちんとやったかな?   



      

         天井の木組み  丸太の削り出しを組み立てています 



      

         奥のテラスから客室を振り返ると  




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




     3. ロフト席




         

          見上げればロフト席 、天井が低いので和室です   




             

             ロフトへの階段  履物は脱いで下さい  



      

       ロフトの広さは1階と同じ  天井が低いだけでゆったりしています



      

          1階の客室を見下ろすとこのとおり



      

          窓から外を見る   手前のガラス張りはテラスの屋根




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




  
   4.テラス席




             

            客室からテラス席を望む  ガラス張り天井があります 



       

         テーブル配置はご自由に  右隣はオープンデッキ



         

            ピザ窯  燃料は薪です  
            自分の火加減で焼いたアツアツのピザが食べられます



      

           冬の時季は奥まで陽がさんさんと射し込みます  



    このテラス席はペットの同伴ができます  今までで一番小さいのは肩乗り文鳥  
    大きいのは救助犬のゴールデンレトリーバー体重32kgでした




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




    5.オープンデッキ 




      

     アウトドアの板張りデッキ  船の気分になりそう  右下はガーデン席



      

        自然の風を受けてカフェを楽しめます 



                

                ハンモックもありますよ  



         

          左を見ると客室の外側  中央の木はヤマザクラ



          
         中央の山並みの向こうに瀬戸内海と四国の山が見えます
        (空気が澄んでいれば・・・・年に数回とのこと)    




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




    6.ガーデン席




          

            自然のままの庭です  ハダシで歩けます



      

        秋が深まると 落ち葉のカーペットに覆われます 



           

             紅茶が運ばれて来ました これから私のティータイム   
 


      

        仰ぎ見ると青い天が拡がって 落ち葉はここから降ってきます  
        この空を見ていたらAKB48の曲を思い出しました  
      
           ♪ 空を見上げればその大きさに・・・・・・

         2010年にヒットした 「桜の栞」   センターは前田敦子   




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




    7. メニュー



          

           地元育ちの和牛を大事にしています




      ハヤシライス

              

              神石牛の味です




      ミニハヤシ








      パン
              

           これはくるみパン くるみは広島市の産地から直送 皮むきは
           オーナーが行います 殻は堅いけれどコツをつかめばなんとか
           むけるそうです
           そのあと実をかき出すのは爪楊枝による手作業 出来上がりに
           殻のかけらが混ざるのに困っています  殻も美味しかったよ



      おむすび






      スープ




      

      サラダ

              

              野菜はすべて地元産 今日のドレッシングはトマト味



     
      シフォンケーキ


      デザート
    
            


      ブレンドコーヒー

              


      紅茶

              

            イギリス流と異なって 少し薄味のアメリカ流の正統派
            といえる様式だそうです オーナーはそのマイスターの
            称号を持っています
           





      森の紅茶






      ロイヤルミルクティ






      森の紅茶ストレートティ







      ティーカップの模様
                  

             ヨーロッバの旧家では我が家の紋章を入れるそうです






     ぬく森セット          

        

              

              パン (左から バターシュガーパン あんパン くるみパン)
              サラダ
              スープ (カボチャ)
              ミニデザート
              紅 茶





      焼きハヤシライスセット






      ジブシーセット


    



      今日の私の昼食  単品の組み合わせです   

       

         サラダ (トレッシングはホウレンソウ味)
         カボチャのスープ 
         おむすびと香の物
         このあと「森の紅茶」が出ます 




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




      8  備品 展示品



      カレンダー
                         
       
             木製のコマを毎日手で動かす必要があります
             忘れたら歳をとらずに済むかも



     時 計
              

             中心がずれているので読むときに思わず目が泳ぎます



      砂時計
                

              中でキラキラと輝いている砂はペルシア湾から
              持ち帰ったお土産です



      図書コーナー

      

         雰囲気から推測するとオーナーは本当に本が好きなのですね 




      図書コーナーの地元案内  



            これは地区の鎮守である深草天神社の説明





   細々とした説明は後ほど記入します

            

     
                






           




               


         



            



           

         



             




             




                
    
                 深草天神社は地域の鎮守之神社です




         ばらコーナーほか


                




                 



 

           

          バードウォッチングの双眼鏡もあります  
          倍率●倍 つまり100m先のものが●mの距離に見える





   ここからテラス席です


           





      

ん              

              
      

              マツカサを敷きつめて  




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




       9  ぬく森から見える瀬戸内海  






   客席から瀬戸内海が見えます 海岸から30km離れた山の中で標高600mなのに
   こんなに見えるとは意外でした 
   地図とコンパス(方向磁石)で計算したところ  海は松永湾と燧灘で方向は南より
   少しに西寄り  同時に島の名も確認できました 
   写真を拡大したところ対岸の四国の西条市にある造船所のクレーンが見えました 
   最近のデジタル写真はすごい

   地図で探して行くと四国山脈の筒上山(高知県)や石槌山(愛媛県)も見える筈で
   す 雨上がりの空気の澄んだ日を待つことにしましょう

   方角はすんなりと結論が出たのに水平の計算は問題が残りました 水平線と山の
   標高が合わないのです  何回計算してもおかしい 
   そこで地球が丸いことに思い至って問題は氷解しました わずか50kmの距離でも
   水平の線はまっすぐではなく、地球の半径6000kmで描いた円なのです


       

               上の写真の説明図




     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄




      10. オーナー 




         カフェのオーナーは沖宗奈津子さん  広島県安芸郡生まれ  

          

         田舎暮らしを実現するために 前任者が廃業するつもりでいた
         このカフェを譲り受けました 開店は2013年9月01日    






   ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄  カフェ ぬく森  終  ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄



   トップへ戻る