トップへ



            尾 道 駅


 JR山陽本線の尾道駅の駅舎が新築されることになりました。旧駅舎の最後の日、2017/05/15にお別れに行って来ました。


      

 オレンジ色の屋根が駅舎です。山陽鉄道(山陽本線)の開通時に新築され、前の軒先部分は後世の増築です。
 背後はすぐ山で、旧市街地はこの斜面に這い上がっています。志賀直哉や林芙美子が暮らし、歩いた町でもあります。



      

 振り返ると、駅前広場は海に面していてこんな風景になります。尾道水道の幅は200mほど、大きな船はターンできません。
 クレーンは元の造船所です。今も設備は残っていますが船を新造することはなく修理専門の工場です。したがって進水式もありません。
 手前の桟橋は渡船のもの。人を載せるものを渡船、車を載せるものをフェリーと呼び分けています。むろんフェリーにも人は乗れます。



      

 駅舎の前へ。人波が目障りだと待っていたらこんなさびしい写真になりました。大失敗です。新駅舎は2階建てで2階前面にテラスが設けられ、展望台となります。



      

 待合室から改札を通してホームを望む。上りの115系2000代が停車中。ホームは2回の嵩上げのために改札まで傾斜となっていて歩きにくい。これも解消されるだろう。



      

 上りホームを見たところ。柱は古レールであり、他の構造と比較するとこの構造が最も長持ちするようだ。ホーム係員は駅舎移転のための臨時案内要員らしい。改札のLED案内機は撤去され、係員が電車が来るごとにボードの手書き案内をひとつずつ抹消していた。
 そんなに急いで撤去しなくてもよいのに・・・・・。そうか、隣に建築中の臨時駅舎に転用したらしい。



      

 尾道駅の名物、改札から待合室を通して駅前を見たところ。駅前広場の向こうは尾道水道で停泊中の船が見える。この大きな船がゆっくりと動いて行くのを目前にすると、予備知識のない者は本当にびっくりする。



      

 ズームするとご覧のとおり。待合室から船までの距離は300m、のぞみの16両編成よりも短い。



      

 出来上がった臨時駅舎。あれこれと注文を付けるのはヤボだろう。乗客の動線はスムースに行くよう配置されている。冬や夏のたまり場が狭くなるのはやむを得ない。遠くから見えるように屋根上にも看板がほしいところ。



      

 海岸へ向かって見よう。尾道水道は船が途切れることはない。これはタグボート。大型船を移動させるのが仕事なのでエンジンのかたまりだ。



      

 大きな鉄工部品を載せたバージ(筏)をタグボートが牽いて行く。船の部品なのか、橋梁の鉄骨なのか?




      

 これは渡船。昼間は12分間隔で運行。多客になればピストン運行する。対岸まで4分。前進・後進が自在なので電車と同じく転向の必要がない。



      

 小さい船だが定員はこのとおり。2名の差はなんだろう。車は載せないのだし。



      

 渡船の料金表。自転車の料金は10円ということ? 乗組員は2名、接岸作業の担当は出航すると船内を集金に回る。満員のときは時間に追われて大忙し。キップも領収も発行しないのは何故? こういう営業が公然とできるのか?



      

 渡船の桟橋から対岸を見る。赤い船は甲板構造から見てタンカーだ。クレーンは給油管を陸に接続するためらしい。
 渡船は接岸すると桟橋に向かって前進を続けることで碇泊のロープなと使わない。



      

 どこの船かと思ってズームしたらシンガポールのようだ。正確には船尾の国旗が国籍を表す。



      

 旅客桟橋には休憩中の旅客船が何隻かいた。右の黄色いのは因島行きの快速船、モーターボートそのものでゆったりとした船旅は味わえない。



      

 港ビルにある店の名も港をイメージしている。 



      

 岸を離れた渡船から見た駅舎。観光都市である尾道にはこれも似合っていると思う。駅前広場の半分は芝生で海に面する部分はウッドデッキで船の甲板を意識している。椅子とテーブルとパラソルがあって、潮風をうけながら昼御飯を広げているOLもいた。



      

 対岸の向島から本州を眺めたところ。駅前を行く救急車のサイレンが手に取るように聞こえて来る。左の高層住宅は駅前地区を再整備するとき、立退き者のために建設された。すこしイメージにそぐわないがやむを得ないだろう。



      

 この船の長さは? 鉄道ならば目盛となる諸々に事欠かないが、海の上では比較対象がないので困惑する。どなたか知恵を貸して下さい。居住区の階高で数えるという人がいたが階高そのものがあてにならない。



      

 駅前地区にいた碇泊船。荷物扱いではないし、ドック待ちなのか? この船もタンカーだ。甲板の配管はなぜこんなに必要なのかと不思議に思うが、ポンプ室への往復なのだろうか。



 駅の姿を見に来たはずなのに、港と船のスケッチになってしまった。




        ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄  終  ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄