ただいま工事中です 糸 崎 24 時 間 1962

  
               重くて整理がはかどらないため 4分割して編集を進めることにしました 
           したがって完成まで更新できません もう少しお待ちください






                               
制作 1962年3月  修復 2018年1月


                 [2018追記]  56年前に作ったアルバムを複製してみました  さいわいネガは全巻が
                  無事だったのでご覧のような出来ばえになりました 
                   説明文は原文のままとして 今回の追加を併記しています


                                                                     1962-01-20   076009  
           

               
 山陽本線の糸崎  現在は電化区間の西端であり 電気機関
               車・蒸気機関車の接続点として活気を見せているが 電化全通
               のあかつきには幹線の中間基地のひとつとなる運命にある
                梅小路や下関と並んで山陽路の花形であった歴史を持ち 大
               型蒸気機関車が最後の花を咲かせている糸崎の一日をカメラに
               収めてみたい








       00:16  2列車 さくら    長崎0000→東京0000         撮影 1962-01-21  ネガ番号 076010  

       00:16  2列車 さくら                   1962-06-03                091004

  






       00:16  2列車 さくら    長崎0000→東京0000         撮影 1962-01-21  ネガ番号 076010  


  00:16  2列車 さく                1961-04-24                         035005  

  










       00:16  2列車 さくら    長崎0000→東京0000         撮影 1962-01-21  ネガ番号 076010  



                    1962-02-20              081011

  











       06:00  C59の勢揃い                                1962-02-22    081015 

  

             夜が明けて上り急行群がさったあと 機関区は蒸機でいっぱいになる  ずらりと並んだ旅客機群を見ながら かって
            C53がこのように待機していたという昔の姿を想像してみる  3気筒のドラフト音はどんなものか一度は聴いてみたいと
            夢見ている
             現在 糸崎には旅客機が集中配置されて 貨物機は岡山が主力であるため D52の姿はあまり見られない















        10:16  貨物264列車                                  1964-02-25    122012              

 

             貨物列車は岡山以西が蒸気機関車の牽引  糸崎は機交換の設備が貨物まで手がまわらないとの由で持ち越
            された  まだ数年はD52の活躍が見られる
             1200トンの貨車を牽いて重々しく発車して行く  軽やかに加速してゆく旅客列車とよい対象である

             2018追記: 電化は全列車が一斉に電気運転に切り替わるのが普通であったが 1961年の糸崎電化では設備
            面の不足から異例の旅客のみとされた  それまでの電化の終端は 岡山・姫路・大阪・米原と いずれも客貨の分
            離がされていて 駅の機関車交換と基地設備に余裕があったのだろう
             これ以降はこういう段差的な電化は珍しくなくなっている  また東北線の福島電化のときは 約1ヶ月をかけて順
            次電気運転に移行する さみだれ電化が採用された  










         11:42  23列車 あき                                  1962-10-19    096005              

  

             昼間急行のトップは急行 あき  山陽路を昼間に通過する急行で ニ・ロネ・ロ・ハネ・シ を連ねた15両の急行編
            成は あき だけになってしまった
             これも6月から全車寝台二なるという  伝統ある21・22の列車番号も23・24と変わってどうも落ち着かない
             広島第二区のC62に牽かれ終着の広島を目指して発車して行く  この勇姿が見られるのもあと僅か 










     21:32  5D へいわ                      1962-03-10    083006   

  

             シールドビームをまぶしく輝かせて 下り へいわ が通過する  キハ82系の6連  ディーゼルエンジンの爆音も
            軽く明るい車体がホームに風を残して去る  広島行という最初の特急で地元を喜ばせた
             6月からこだま形電車に置き換えて東京直通が実現するという  私たちの夢であった東京行の昼間特急が見
            られる日も遠くはない










         
22:57  2301M びんご                              1962-01-20      076007  

  

             夜更けの糸崎  聞こえるのは入換機C50のドラフトだけ 次々と到着する列車を受けて客車留置線はいっぱい
            明朝までの休養である  
             ブルートレインのトップを切って あさかぜ が通過したあと 大阪からの びんご が帰って来る  窓ガラスを曇ら
            せて疲れましたという風情  チョコレートのゲタ電ばかりみていると東海形が一層あか抜けして見える










         
23:13  6列車 はやぶさ                              1962-01-20    076006  

  

             一日も終りに近い  その静けさを破るように近づいて来るドラフト  特急6列車 はやぶさ である
             ホームで終列車を待つ乗客の目前を C62が ナハネ20の列が 飛ぶように去る  3本の白いベルトが鮮やかに
            目に残る 鹿児島から行程の半ばを終えて 東京まで後800km  無事で行けよ はやぶさ
             23:50 糸崎が迎える最後の列車 425Mがひっそりと入って来る  51系4両の編成










        
24:00   明日を迎える糸崎                           1962-01-04    074004

  


             1日が終わった  24時間に発着させた列車は230余本  あと数時間後には再び急行列車が殺到してくる 
            華やかな歴史を持ちながら 蒸気機関車の基地としての糸崎は人々の記憶から薄れることだろう  国府津
            しかり 梅小路またしかり  近代化は時代の波 鉄道の発展であろうが 私にとってそれは歓びばかりでは
            ない
             蒸機の歴史すなわち糸崎の歴史で会ったといえる  その1ページを刻みつつ糸崎は明日を迎える  機関
            区では さくら の出区準備が始まっている











                            作者近影                       1962-10-23  097013

                 

                              糸崎機関区機関助士 22歳  
                              背後の動輪ボスにC59164の刻印が読める 左の遠景もC59  











     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄  糸崎24時間   ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄



 トップへ 























  








  トップへ