糸 崎 24 時 間 1962

  
               ただいま工事中です  重くて整理がはかどらないため 4分割して編集を進めることにしました 
           したがって完成するまで全体を読めません もう少しお待ちください






                               
制作 1962年3月  修復 2018年1月


                 [2018追記]  56年前に作ったアルバムを複製してみました  さいわいネガは全巻が
                  無事だったのでご覧のような出来ばえになりました 
                   説明文は原文のままとして 今回の追加を併記しています


                                                                     1962-01-20   076009  
           

               
 山陽本線の糸崎  現在は電化区間の西端であり 電気機関
               車・蒸気機関車の接続点として活気を見せているが 電化全通
               のあかつきには幹線の中間基地のひとつとなる運命にある
                梅小路や下関と並んで山陽路の花形であった歴史を持ち 大
               型蒸気機関車が最後の花を咲かせている糸崎の一日をカメラに
               収めてみたい










       
00:16  2列車 特急 さくら                          1962-01-21     076010  

  

             0時を過ぎて糸崎が最初に迎える列車は 2列車 さくら である  糸崎に停車するひとつのブルートレイン  
            下関から297kmをロングランしてきたC62からEF58に引き継がれ 静かにあわただしく発車して行く カニ22のパ
            ンタ音のみが耳に残る     
             暖房用蒸気の排気は 列車衝突事故により20系客車が多数損傷したため  編成前寄りにナハネ11を使用して
            いるためである

            追記: さくら 長崎1520東京1110

            1962年の山陽路ブルートレインは 1・2さくら 3・4あさかぜ 5・6 はやぶさ 1003・1004みずほ ・・・・・・





















      
20:57  2413D 準急 にしき                         1962-01-19    075013   

  

             にしき とは岩国始発終着なので名付けられた由  キハ55系3連で きび と合わせて岡山まで毎日2往復という
            ピストン運用を行っている  欲をいえばキロがないのが物足りないが その方が1等車など縁のない私には親し
            みが持てる   
             山陽 とともに瀬野~八本松を最初に越えた気動車だった


            2018追記: にしき 岡山1925岩国2257



























         
23:13  6列車 はやぶさ                              1962-01-20    076006  

  

             一日も終りに近い  その静けさを破るように近づいて来るドラフト  特急6列車 はやぶさ である
             ホームで終列車を待つ乗客の目前を C62が ナハネ20の列が 飛ぶように去る  3本の白いベルトが鮮やかに
            目に残る 鹿児島から行程の半ばを終えて 東京まで後800km  無事で行けよ はやぶさ
             23:50 糸崎が迎える最後の列車 425Mがひっそりと入って来る  51系4両の編成










        
24:00   明日を迎える糸崎                           1962-01-04    074004

  


             1日が終わった  24時間に発着させた列車は230余本  あと数時間後には再び急行列車が殺到してくる 
            華やかな歴史を持ちながら 蒸気機関車の基地としての糸崎は人々の記憶から薄れることだろう  国府津
            しかり 梅小路またしかり  近代化は時代の波 鉄道の発展であろうが 私にとってそれは歓びばかりでは
            ない
             蒸機の歴史すなわち糸崎の歴史で会ったといえる  その1ページを刻みつつ糸崎は明日を迎える  機関
            区では さくら の出区準備が始まっている











                            作者近影                       1962-10-23  097013

                 

                              糸崎機関区機関助士 22歳  
                              背後の動輪ボスにC59164の刻印が読める 左の遠景もC59  











     ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄  糸崎24時間   ┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄┄



 トップへ 























  








  トップへ