HPトップへ

 
     シルクロード2009

        長安から黄河中流へ 



   工事中 あと少しお待ち下さい 


 今年はシルクロードの起点である長安(現:西安)付近と黄河中流を巡る研修となりました。各地で表情を変える黄河の様子もお届けします。



  
                  壺口瀑布   [ud]
 潼関から上流へ170kmにある黄河本流の滝です。大黄河が幅40mに狭められ30mを落下する水量に圧倒されました。左岸は山西省 右岸は陝西省 



          ------------------------------------------ 


              も く じ  右は宿泊場所

          第 1 日 2009-10-09 ven.     西安 
          第 2 日 2009-10-10 sab.     西安 
          第 3 日 2009-10-11 dim.     運城 
          第 4 日 2009-10-12 lun.     洛陽 
          第 5 日 2009-10-13 mar.     登封 
          第 6 日 2009-10-14 mer.     上海 
          第 7 日 2009-10-15 jau.   

            郵便の到達記録


         ------------------------------------------ 


第1日   2009 - 10 - 09 ven.       翌日へ  目次へ


  中国東方航空MU294便  広島1300 →(飛行1.50) →1350上海浦東

  中国東方航空MU2160便 上海浦東1535 → 1820西安







 宿泊 グランドパーク西安  701号室


   

          ------------------------------------------ 


第2日   2009 - 10 - 10 sab.   翌日へ  前日へ  目次へ






 西安の街をぶらつく。大通りを一歩外れると住民の生活の店が並んでいる。食品店であれこれ試食して結局干しトマトを買った。
 品物を受け取って代金を渡し、お釣を待っていたら、ガイドから注意された。宇田先生、受け取った品物を置いてはいけません。品物を握ったまま金を渡し、お釣を受け取るのが常識です。もう少し厳しい所は代金を見せてお釣りが出てから渡すのだという。これもトラブルを防ぐための庶民の常識だということも判ってきた。










 
 宿泊 グランドパーク西安  701号室


          ------------------------------------------ 
            

第3日   2009 - 10 - 11 dim.      翌日へ  前日へ  目次へ










 道が少し下りになったかと思ったら突然前方が開けて空が見えた。黄河が刻んだ山腹の中腹に躍り出たという感じがする。
 眼下には黄土大地を刻み込んだ黄河があった。夢に見た黄河との初対面が実現した。3年前の日暮れに高い機上から見下ろしたことがあるが、手の届く距離に来たのは初めてである。
 つい大平原に拡がる黄河を想像しがちだが、この角度で対面したことは黄河の印象として忘れないだろう。高度計によればここは川面から190mの高さである。南下する黄河に西から突き当ったのだから左が上流になり、目を凝らせばやっと流れているのがわかる。川幅は400mと目測した。
 この黄濁した悠久の流れが中国の歴史を育てたのだ。以後も中華文明の母なる河というスローガンを繰り返して見ることになる。

 黄河は銀川あたりまでの山岳地域を上流といい、平原と峡谷を繰り返す区間を中流と称する。そうして山を離れて大平原を行く部分を下流と呼ぶ。














 宿泊 運城通宝国際酒店  1517号室


         ------------------------------------------ 


第4日   2009 - 10 - 12 lun..      翌日へ  前日へ  目次へ




 途中でスケジュールの相談があった。三門峡から鄭州まで列車に乗る予定であったが、既にその行程の1/3を来ている。引き返すよりもこのまま鄭州へ直行すれば1時間ほど早くなってホテルでゆっくりできる。
 もう一つの気がかりはこの荷物を持って列車に乗れるだろうかという心配。経験では中国の列車は荷物の山で、始発ならともかく途中から乗れば置き場がなく荷物の上に座る破目になりかねない。
 みんな車での直行に賛成。宇田さんごめんなさい、今度は十分に埋め合わせをしますからとのお詫びが入った。確かに短区間を乗れば荷物のお供になるのは明白だから抗議はできない。



    K618列車(硬座2等)    三門峡1838→洛陽2030





 宿泊 洛陽牡丹大酒店  1001号室 


   翌日へ   

          ------------------------------------------